まほろの声を探して~声をめぐる浜田真実の思いのたけ~

まほろの声を探して~声をめぐる浜田真実の思いのたけ~

e-mail. office@keotokokyu.com
TEL. 03-6379-4743

ピュアボイスを支える5つの柱

ピュアボイスを支える5つの柱

ピュアボイスを支えるための条件は、

1.良い姿勢
2.深い呼吸
3.リラックス
4.右耳を優先して聴く
5.骨の共鳴を意識する

この5つです。
では、ひとつずつ簡単にご説明しますね。

まず最初は、「良い姿勢」です。
ピュアボイスにとって、理想的な姿勢。
それは、無理のないそのままの姿。神様が創られた体の構造に
逆らわない姿勢です。
この姿勢を取ることで、呼吸が深まり、音の聴こえの質が変わり、
発声が楽に効果的に変わります。

続いて「深い呼吸」です。
声のエネルギーは、息。
息に乗せて、遠くまで声を飛ばします。
つまり息が浅い、吐く息がコントロールできないなどということが
あると、相手に届きにくい、意図を伝えにくい声になってしまいま
す。
頭(思考)と身体(感受性)をつなぐのも、息。
息のコントロール力が必要です。

3番目は、「リラックス」です。
緊張したからだからは、硬く緊張した声しか出せません。
ピュアボイスは、心と身体が緩やかにほぐれ、リラックスした中
での心地よい緊張感から生まれます。心と身体の声を聴き取り、
本当のリラックスをあなた自身にプレゼントしましょう。

4番目は「右耳を優先させて聴く」です。
良いアウトプット(発声)のためには、豊かなインプット(聴き
取る)が欠かせません。
あなた自身の声、そして相手の人の声をまるごと聴き取ることで、
あなたの中と、あなたと
相手との間に循環が生まれます。
あなたの聴き方が、ピュアボイスのクオリティを高めます。

最後に、「骨の共鳴を意識する」です。
ピュアボイスは、トマティスメソッドで言われている
「bone to bone(骨から骨)」のコミュニケーションを大切に
しています。
骨の振動が豊かになれば、ボディ全体が聴き取る相手の骨と共鳴
しあいます。
骨の共鳴し合うコミュニケーションは、穏やかで心地良いものです。

以上が、ピュアボイスの五つの柱です。
レッスンでは、この柱を数回に渡って、細かくご説明しながら体感
して身に付けて行きます。
身体になじむまでは少し時間がかかるかもしれませんが、一度おぼ
えてしまえば、無意識でいても、この柱が、あなたのピュアボイス
を支えてくれます。
お楽しみに!

(濱田真実)

 

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください