まほろの声を探して~声をめぐる浜田真実の思いのたけ~

まほろの声を探して~声をめぐる浜田真実の思いのたけ~

e-mail. office@keotokokyu.com
TEL. 03-6379-4743

カラオケで声が枯れやすい

FAQ

カラオケで声が枯れやすい

Q-7
カラオケで歌っていると、2~3曲で声が変わる。
5~6曲歌うと翌日は声がガラガラです。
みんなそうなの?(19歳・のんちゃんさん・女性)

A-7
歌は背中で歌う!なんだか格好イイね。

正しい発声をしていると、声は出せば出すほど、声帯が潤ってくるの。
艶やかな良い声になるはずなんだけど、のんちゃんは、辛そうですね。
ノドで歌おうとしているのかな?
歌うときは、ノドは使わない。
と意識するくらいでちょうど良い。
何を使って歌うかというと、骨盤の周辺の筋肉、つまり背中と、息。
歌はのどではなく、背中で歌うんです。
う~ん、格好イイ。

声を出すとき、ノドにはまったく力が必要ないと憶えていてね。
むしろ、あくびをしているような感覚で、ノドを開くことが大事。
あくびをするときに、ノド仏を軽く触って、ノド仏が下方向に動くのを
確認してみてね。
その時が、ノドが開いている状態。
歌うときも、話すときも、のどは開くってこと。
閉じると苦しいし、声帯が炎症を起こして、声枯れがおこりやすくなるの。

さぁ、そして、ここ↓大事なポイントです。
声を出すときの息は、あなたの声が、頭頂部から後ろ首を通って、
背中を通って、ウエストから外に広がる
とイメージしてみましょう。
つまり、ノドから出すのではなく、下へ下へと音が降りて、広がるという
息の方向を意識するということ。
これは、身体としっかりつながりながら声を出すという感じかな。

これも、実際にレッスンで体感しながらの方が断然わかりやすいんだけど、
とにかく今は、息の方向性を意識して、下へ下へと降りて、外へ声を広げる
ように出してみて。

慣れてくると、ノドに集まり過ぎていた意識が分散されて、ノドの余分な
力が抜けてくる。
息の方向性を意識して、ノドを、あくびをするように開いて、力を抜いて
歌うと、歌えば歌うほど声帯が潤ってきて、心地良くなるはず。
さぁ、よ~く自分の声を聴きながら発声してみましょう。
下へ下へ、腰から外へ。
随分ノドが楽なはずよ。

それから、身体の筋肉を目覚めさせるつもりで、下半身をしっかり運動させて
おいてね。
ウォーキングを楽しんだり、軽いストレッチで股関節や足周辺の筋肉を
伸ばし、ゆるめるのも効果的。

歌うときに、声が枯れていると、歌が楽しめなくなるものね。
歌うときのボディコントロール、それ次第で、あなたのカラオケの時間が
至福のひとときに変わる。
やった~!楽しんでね。

のどだけで歌っていたかも。
でも、ボディコントロールって難しそうです。
出来るかなぁ。


意識次第で、出来ますって。
女性の声帯は、20代半ばまで成長しますからね。
チャレンジして損はないぞ~!(濱田真実)

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください