本文へスキップ

歌・朗読・スピーチ・日常会話の声を整え 言葉をつむぐ

オンラインボイトレのMVS
TEL:050-3138-3533
E-mail:office@koetokokyu.com

浜田 真実Hamada Mami Profile

プロフィール

 スタジオ写真  
浜田真実(ハマダ マミ)

マミィズボイススタイル代表
歌手・ボイストレーナー

1961年生まれ
広島県出身


1987年、シャンソン・カンツォーネを中心にしたレパートリーで歌手デビュー。
シャンソン喫茶「銀巴里」、渋谷ジァンジァンなどにレギュラー出演。企画・演出も手掛け、日本民謡のアルバム「まほろうた」やオリジナル楽曲のアルバムリリースなども行う。

2004年、ボイストレーニングクラス「マミィズボイススタイル」をオープン。
呼吸法・心理学・歌・朗読・ダンスなどを取り入れた独自のボイストレーニングプログラムを考案。「ピュアボイスメイキング」「ケアボイスワーク」と名付けられたメソッドは、コミュニケーションと声を自由にし、心と身体を豊かに育むと、教育機関・ビジネス研修・福祉施設のデイケアプログラムなどでも高い評価を得ており、10代から高齢者まで幅広い層がレッスンに通っている。

はぶてんぼうの歌

まほろイメージ2

高度成長期、真っ只中の頃。
愛媛県八幡浜市で誕生し、すぐさま瀬戸内海を渡り広島県で育ちました。
幼少期のあだ名は「はぶて」、もしくは「はぶてんぼう」。
むくれる、すねるという意味の広島弁です。
きっと、鬱屈した子どもだったのでしょう。

児童文学、漫画、テレビ、新喜劇に宝塚、そして放課後のごっこ遊びが私を形成しました。

文学少女的傾向が強すぎる。要注意!
勝新太郎先生と浜田真実
通知表に大きな赤字で記載されたのは、小学5年生。
けれど卒業前の謝恩会で、コメディ「ロミオとジュリエット」の企画・脚本・演出を担当したことで校内での評価が一変します。
終演後、担任の野村先生が私の手を取り、おごそかな声で言ったのです。

あなたはね、この道を行きなさい

あたりに轟音がとどろき、光が降り注ぎました。



はぶてんぼうから浮かれポンチになった私は、この道がどの道なのか先生に確認しないまま、18歳で上京。


俳優の勝新太郎氏主宰の俳優養成所に入り数年後には役者ではなく、銀座あたりで夜な夜な歌う人になりました。
浜田真実歌う


結婚し、39歳で出産。



42歳でボイストレーニングクラス「マミィズボイススタイル」をオープンしました。

精神科のデイケアや子どもシェルターなどでも発声指導の仕事を続け、ふと気づくと50代も終盤です。



浜田真実授賞式ある日、唐突に、湧き立つように「書きたい」と思いました。

2017年、初めて書いた短編小説が「第三回藤本義一文学賞」特別賞を受賞。

さらにその翌年、読売新聞・日本医師会主催のコンテストに応募したエッセイが、厚生労働大臣賞を受賞しました。

そして2020年。 ボイストレーニングクラスは全面休業。
数ヵ月後、対面から全てオンラインレッスンに移行しました。



歌い始めて33年、ボイトレ始めて17年。
人生何度目かの意気消沈を味わい、立ち止まって「これから、どうしたい?」と自分自身に尋ねてみたのです。
浜田真実オンライン

けれど、私の答えは一貫して変わりません。

評価や収入というご褒美があるなしに関わらず「創造したい」「表現したい」「伝えたい」という気持ちがまったくおさまらないのです。

それは、マグマのように私の深い場所でたぎり、時々大地を揺らします。
この先、火砕流となって暴走するか、温泉となって人を癒すかは私次第。
そう覚悟を決めると、むくむくと力が湧いてきました。

世界が新種のウィルスに息を潜める中、2021年還暦を迎える浜田真実は、新たな領域に踏み出しつつ、個人的な「要注意!」警報発令中を、ガシガシと歩幅大きく歩いている最中です。




しげのぶ真帆(Maho Shigenobu)

 浜田真実が小説やエッセイを執筆する時は、しげのぶ真帆を名乗っています。
 浜田真実同様、しげのぶ真帆もよろしくお願い致します。

ノベルディズ

Twitter