まほろの声を探して~声をめぐる浜田真実の思いのたけ~

まほろの声を探して~声をめぐる浜田真実の思いのたけ~

e-mail. office@keotokokyu.com
TEL. 03-6379-4743

ブログ

聴かずにいられない声

本格的な声の訓練は、地道でとても時間がかかるものです。

でも、ほんの少しの知識と簡単なテクニックをマスターすることで、短
い期間でも、劇的な変化を体験出来ることがあります。

まず最初に大きく関わって来るのは、自分が抱えている精神的・肉体的
な問題です。

私たちは、その抱えている問題を避けたり押さえ込んだりするうちに、
無意識に、心と身体に不必要な癖を植付けてしまっています。

そうすることで、苦しいなりにバランスをとりながら日々を過ごしてい
るのですが、あなたが本来持っている輝きのある声は、抑え付けられて
しまいます。

意識的に自分を見つめ、習慣を変える事が出来ると、声の束縛も解けて
行きます。

レッスンなどで生徒さんの身体を拝見していると、特に、首から、肩、
胸、背中、腰、このあたりには、感情的な問題が溜まり易いように思わ
れます。

ここを緩めるために、レッスンでは、背中に息を入れるエクササイズを
取り入れています。すると、背中の筋肉がバリバリと音をたてる方がい
らっしゃるんです。

こういう方は、レッスン終了後に急に悲しくなったり、腹立たしくなっ
たり、今まで忘れていたような幼い頃の体験を思い出されたりするよう
です。

そんな時はあわてずに「随分、我慢して来たんだな~」と、まず気付い
た上で、あとは感情を押し殺すことなく流してあげて下さいとお伝えし
ています。

ある程度溜まっていたものが解放されると、意外なほど気持が楽になり
ますし、身体が軽く感じられると思います。

こうなると、本来の声を取り戻す日も間近です。

自分の中心から声を発することで得られる解放感。深い呼吸をコント
ロールすることによる、脳や身体全体の活性化。

メリットを数えたらキリがありません。

そして堂々と、あなた本来の声で言葉を発した時、人は必ずあなたの声
に耳を傾けるようになります。

輝きを取り戻した声は、聴かずにはいられないからです。

(2004年8月31日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法)

 

声と呼吸☆心と身体の総合ボイストレーニング・マミィズボイススタイル

呼吸の支え

8月の始めに海に行って来ました。
なんと10年振りの海水浴です。アウトドアで遊ぶことに慣れていないと
つい、億劫になるんですよね…。

毎年毎年、家の近所でコジンマリの夏…。
なんてことで終ってしまってはもったいないと思い立ち、今年は重い腰
を持ち上げました。ドッコイショっと。

そこで、シュノーケリングに挑戦。こちらも10年振りです。

大きく息を吸い込んで、一気に潜水しました。
1メートル以上沈むと耳に圧が掛かるので、鼻をつまんで耳から息を出す
要領で、ぐっと耳抜きをすると楽に潜れます。

息が続く限り海の中で遊んで、ゆっくりと上昇、顔が海面に出た瞬間に
肺の中の残りの息を思いっきり吐き出すと、その瞬時に空気がどっと、
肺に流れ込んで来ました。

これこれ、この感覚です!

空気が入って来る時に、胸、肋骨、背中、このあたりがみんな開きます。
それと同時に、胃の上(肺の下)にある横隔膜が筋肉の働きによって、
下に下がります。

泳いだご経験のある方は、みなさん、よくお解かりになると思います。

潜っている時は、ジワジワとゆっくり息を吐くでしょ!
その時、お腹の下の方の筋肉を使って息が長く続くように、しっかり呼
吸を支えていますよね。

これー!これが呼吸や発声に必要な「支え(サポート)」と呼ばれてい
る筋肉の動きです。

水の中では、この支えを使いながら自然に呼吸をコントロールしていま
すよね。

発声の時は、この筋肉の動きと呼吸の流れに、声を繋げる必要があるの
です。

声は咽喉から出始めるのではなくて、臍下丹田のある身体の中心から、
筋肉や呼吸に支えられて始ります。

嬉しくなって、海の中で実験しました。

潜りながら呼吸と共に声を出してみると「ぶ~~~」という感じの音と
一緒に、ぶくぶくと息が泡になって出て行きます。

ヘラヘラ笑ながら実験を続けていると、隣で泳いでいた男子小学生が、
気味悪がって逃げて行きました。

ち、違うんだってば…。

(2004年8月24日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法より)

声と呼吸☆心と身体の総合ボイストレーニング・マミィズボイススタイル

読者の方からのお便り・その2

声には全く自信がないのですが、このメルマガの内容にも助けられてい
ると思うのですが、なんだか勇気が湧いてくるのです。

先日のメルマガでも、子供たちのことを気にかけておられるとのこと、
私も、別の方面から(食べるものや、身の回りにある化学物質などから
です)子供たちの将来をとても気にかけています。

そして、子供たちがのびのびと育っていくために、いろんな分野の方々
が手を組んでいくことの大切さを教えていただいたように思いました。

だって、呼吸がからだをちじこめてしまう?(表現が適切でなかったら
すみません)なんて知りませんでしたもの。

そして、声の大きさ。
声が小さくて、どんなにがんばっても相手に届かない経験をもつ者とし
ては、これは目からうろこ、でした。
なるほど、ただ大きいことだけがポイントではないんですね。

これからも、メルマガ楽しみにお待ちしています。

by  すみれ

***

すみれさま。お便りありがとうございました。m(__)m

それぞれが出来ることを持ち寄って、共に創造する生き方を探るのは、
これからの重要な課題になりますね。

(2004年8月17日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法より~第7号)

腹式呼吸のテクニック~⑦

今日は脇を拡げる感覚のレッスンです。

足を肩幅に広げて立ちます。この時、姿勢に注意して下さいね。
自分の頭の上が、天からひっぱられたような感覚で、バランス良く楽に
立って下さい。

膝をゆるめ、全身の緊張を解いてゆきます。

次に、右手を空に向かって上げましょう。左手はそのまま下におろして
おいて下さい。

そのまま、鼻で息を吸いながらゆっくりと左側に倒します。
この時、倒し過ぎないように。気持ち良いところで止めておきます。

吸っている息を、手を上げている方の脇腹に入れるようにイメージをし
して下さい。

脇が拡がってきているような感覚がしませんか?

いっぱい息が入ったら、口からゆっくりと息を吐きながら身体を元の位
置に戻します。

これを2~3回繰り返しましょう。

続いて、左手を上げて同じように鼻から息を吸いながら、ゆっくりと右
側に倒します。

そして、いっぱいになったら口から吐いて、身体を戻します。

この動きも2~3回続けます。

肋骨を拡げる感覚、筋肉を柔軟に使う感覚、それに呼吸が同時に行われ
ていることが身体でつかめれば、大成功です!!

(2004年8月17日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法より~第7号)

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

骨盤まわりの筋肉たち

肺と心臓グループの下にある、身体を横に隔てる膜(横隔膜)はドーム
の屋根の様な形になっています。その下には、消化器系の内臓が収まっ
ていますね。

胸の肋骨が広がり、背中が伸び、横隔膜のドームが平らに近付き、下に
下がると、肺が拡がり、息は自然に入って来ます。これが息を吸ってい
る状態ですね。

腹式呼吸の場合、この横隔膜の運動を腹筋や背筋を使ってサポートする
ことが必要になります。

何故、腹筋や背筋を使うのかと言うと、横隔膜はこれらの筋肉と繋がっ
ているからです。

筋肉をしなやかに効果的に使うことによって、横隔膜の上げ下げをコン
トロール出来るようになり、呼吸をより深くすることが可能になるので
す。

これが、ヴォイストレーニング等で言われている「お腹を使う」という
ことです。

ただお腹だけを意識して前に突き出してみたり、力を入れて固めても、
意味がありません。

背中から腰の身体の後ろ側、背中からお腹に向けての両脇、そしてお腹
がバランス良く動いていることが必要です。

実は、無意識に呼吸をしていてもこれらの筋肉は動いています。それを
少し意識をして動かしてみるのです。

鼻からゆっくり息を吸った時、臍下丹田(おへそから指4本分下の位置)
あたりに、息を入れるようにイメージしてみます。すると下腹のあたり
が膨らんで来ますよね。

その時、ウエストの両脇も、背中の骨盤の上のあたりも微妙に外に向か
って広がっているはずです。
その変化をよ~~く感じてみて下さい。

骨盤の周りぐるっとが、風船になって膨らんだようなイメージです。

実際、そのあたりには筋肉の層が何層にもなって柔軟に動いています。
息を吸うと、骨盤まわり全体が膨らみ、吐く時には、それらがゆっくり
と狭まって来ます。

呼吸は、肺だけでもお腹だけでも出来ません。背中も腰も足も…。
そうです。身体の全体を使ってするのです。

私は、背中や腰(骨盤の上あたり)を拡げるように意識するようになっ
てから、呼吸が上手く行くようになりました。背中と腰に息を入れるよ
うな感覚です。

しばらく、ご自分の身体でこの感覚を感じてみましょう。
その時の注意点は、上半身(胸)下半身(足・脚)に力を入れないこと
です。リラックスして、骨盤周りの動きを楽しんで下さい。

これを続けると呼吸が深くなることはもちろん、腸の動き、自律神経、
ホルモンバランスなども安定して来るはずです。

楽しみですね!!

(2004年8月17日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法より~第7号)

 

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

 

読者の方からのお便り

はじめまして。
創刊号楽しく読ませていただきました。
私は、すごい音痴です。

小学校までは、歌唱部に選ばれたり、ピアノを習っていたので、音程を
とるのは比較的得意でした。
中学くらいから、人前で歌うことが恥ずかしくなり、それ以来、歌わな
くなってウン十年。今では、鼻歌さえ出てこなくなりました。

歌わなくなると、音域も狭くなり音痴がますますひどくなりますね(涙)
このメルマガを憧れをこめて、読ませていただきます。
頑張って下さい。

***

お便りありがとうございました。
それにしても「音痴さま」というハンドルネームは哀しい響きがありま
すね…。私は「音さま」と呼ばせて頂きましょう。(^o^)丿

音さまはきっと歌う事が大好きなのですね。何となくそんな気がしまし
ました。よっぽど機能的に問題がある場合は別ですが、音痴の方ってあ
まりいないんじゃないかなと私は思っています。

中学の時に何か大きな心の変化があって、それがご自分の歌を閉ざすこ
とに繋がってしまったのかもしれませんね。

あるゴスペル歌手の言葉があります。私、この言葉大好きです!

「どんなに小さな声でも神様にはちゃんと届くのよ。それにまずい声だ
って気になさらないし」

もし、歌う事が好きならそれだけで充分ですよー。
音域や音程なんか気にせずに、思いっきり声を出して歌うと、ポンと心
の中で何かがはじけるかもしれません。

この頃、各地の日本民謡をたくさん聴く機会に恵まれているのですが、
そこに登場するおじさん、おばさんたちの唄は、西洋音楽の常識からす
ると「おいおい」と突っ込まれそうなものが、たくさんあります。

でも、それが、すっごく良い!!魂を揺さ振られます。
唄が、唄っている人そのものなんです。温かくて…。
それに、ご本人が好きで唄っていますから、誰も何も言えないくらい存
在感があるんですよ。

歌って本来そういうものだと思います。
私もようやく気が付いて、そうなりたいなぁといつも願うようになりま
した。

音さまにとってかけがえのない1曲は、誰かにとってもかけがえのない
1曲です。音さまらしさが出ていれば、それは上手い下手なんてちっち
ゃいことを、遥かに越えます。

まずは、ご自分のために如何ですか?

(2004年8月10日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法~第6号)

 

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

なぜ鼻から息を吸うのか・腹式呼吸のテクニック~⑥

何故、鼻から息を吸うのか…。

というご質問をいただきましたが、これはとてもGOODなご質問。
お答えいたしましょう!

ご存知のように、鼻にはたくさんの鼻毛君が存在しています。
これが時々、恋愛の場などでは命取りになる場合もありますが、人間の
身体には無駄な物はないわけですよね。

この鼻毛君はフィルターなのです。ほこりやゴミ、怪しい微生物などが
直接、身体に進入して来るのを防いでくれています。

冬場などの乾いた冷たい空気をいきなり口で吸い込むと、声帯はびっく
りしてしまいます。

咽喉を痛めますし、余計なものもいっぱい吸い込んでしまいます。

ところが、鼻からビュっと吸い込むと、適度に空気が温まるし湿度も与
えてくれます。当然余分な物も(ある程度は)シャットアウト!

風邪をひきやすい人、咽喉の弱い人は、もう一度ご自分が呼吸をする時
に、どこを使っているかをチェックしてみては如何でしょうか?

鼻でしか呼吸をしてはいけない!と思い込みガンジガラメになる必要は
ありませんが、あまり口からばかり息をしていると咽喉も渇くし、胸で
する呼吸になりやすくなります。

つまり深い呼吸がしにくいのです。

子供たちの間で、鼻から呼吸をしない子供が増えているのだそうです。
口呼吸の子供は呼吸が浅い為に、脳に新鮮な酸素が届かずぼんやりして
しまう子供が多いのだとか…。

形を気にするだけでなく、鼻の内部もしっかり機能させてあげて下さい
ね!!

(2004年8月10日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法より~第6号)

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

腹式呼吸の認識を変えてみる

身体は息を吐くと、本来の大きさに戻ります。
何のこっちゃ!ですね。

でもスゴク大切なことです。

「息を吸うと身体は大きくなり、息を吐くと本来の大きさに戻る」
これは当たり前で、とても正しい認識です。

ところが、間違った認識を持っている人が意外にも多いのです。

「息を吸うと身体は本来の大きさに戻り、息を吐くと身体は縮まる。」

如何ですか?微妙な言い回しの違いで、解り難いかもしれませんが、身
体の感覚はとても大きな差があります。

少しご自分の身体で試してみて下さい。

息を吸って拡がる身体を感じた後に、吐いて本来の身体の大きさに戻す
方法と、吐くことに集中して身体を縮め、吸うと本来の身体の大きさに
戻す方法です。

どこにポイントを置くかということの違いですね。

息を吐く時に身体を縮めようとすると必要以上に力が入りませんか?
それに、どんどん呼吸が浅くなって行って、息苦しい感じです。

反対に、吸う時に身体の広がりを感じると、自分が解放される感じがし
ますね。

私たちは深い呼吸をすることに囚われすぎていると、いつの間にか胸に
力を入れて、身体を縮め、吐き出すことに必死になってしまいます。

呼吸をコントロールするためには、腹筋や背筋をしなやかに使う必要が
ありますが、間違った認識を自分に植え付けると身体がいつも縮む方向
へ反応してしまいかねません。

もしあなたが間違った認識をしていたら、ご自分の身体にちょっとだけ
問い掛けて、認識を変えてみましょう。

それだけで、呼吸は随分楽になるはずです。
これが自然な呼吸の始まりです!

さて、この自然な呼吸の原則は、いつもしなやかに身体(筋肉)が動い
ていることと、余計な緊張がない状態に自分を保っておくことが重要
です。

そのためには「首」を少し意識してみましょう。

首の後ろを固めていては、自然な呼吸は出来ません。声帯も押さえつけ
られて、動きが苦しくなります。

その上、首の緊張は全身の緊張へと波及して行きます。

高いところから、頭の上をピっと引っ張られているように、首をほんの
少しだけ、伸ばす感覚になると良いと思います。

それだけで、首が長くなり、背中が広くなったような気がしませんか?
実際そうなのです。

この気持ち良さを、身体に教えてあげて下さい。

身体に余分な緊張がなく、そこからごく自然な呼吸が始ると、呼吸はと
ても心地良い体験になります。筋肉が動くことで、24時間の無料マッ
サージを受けているのと同じような気持ち良さ!

お得ですね!

人前に立つ時も、大切なコミュニケーションをとるときも、緊張してし
まうのは仕方がないけれど、その中でどれだけリラックスして楽しめる
かがポイントになります。

本日の確認事項!

まず認識を改め、首を美しく伸ばして、豊かに広がる。
お~~!白鳥のようですね!

つづく

(2004年8月10日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法より~第6号)

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

笑いの効用

腹式呼吸は難しいというイメージがありますが、私たちは日常でも
腹式呼吸を自然に使っています。

ロウソクの炎を吹き消す、手を息で温める、ガラスにはぁ~っと息
を吹きかける、大笑いをするなど、みんな腹式呼吸の上に成り立っ
ています。

特に笑うときは、「あはははは~」と声を出して笑うでしょう。
これが、とっても身体に良いのです。

肺と心臓の下にある横隔膜が、活発に動いて呼吸を深めるからです。

呼吸が深まると、酸素が大量に体内に取り入れられます。血液の循
環も良くなりますよね。

細胞の活性化を促すことにもなるのです。
◆笑いと表情筋

笑うと、鼻の横、頬のやや上のあたりの筋肉がくっと持ち上がりま
す。

この表情筋の後ろに、脳に向う血管があって、笑顔になるとこの血
管が刺激されます。

すると、脳の血流もアップして脳細胞も、ますます活性化!!

番組では、記憶力が高まる、血糖値が下がる、血液がサラサラにな
る、基礎代謝が上がる、免疫力が高まる、若返る、肌がきれいにな
るとさまざまな効用を上げていました。
◆がん細胞も・・・。

以前、私が聞いた話では「あははは~」と笑うことでガン細胞も消
えた人がいたのだとか。

アメリカのパッチ・アダムスというお医者さまも、笑いを医療の現
場に積極的に取り入れていますよね。

やっぱり、笑う角には福は来ます。(^o^)ハハハ!
◆笑いと歌

実は、この笑いの効果と同様の効果を生み出すのが、歌です。

腹式呼吸を使い、表情筋を刺激し、声を思いっきり出して自己表現
をする「歌」。

間違った身体の使い方さえしなければ、歌うことで人は健康になれ
ますし、幸福にもなれるのです。

それ以上に、聴いている人にも幸福をプレゼント出来ますよね。

お年寄りと子どもに歌が必要なように、私たちすべての人間に「笑
い」と「歌」が必要です。
◆まずは自分のために

まずは、自分のために笑いましょう。
そして自分のために歌いましょう。

ある生徒さんからいただいたメールです。

「呼吸法を私も毎日実行し、効果が表れてきています。
まず首や肩の凝りがほとんどなくなりました。

そして通奏低音のようなリラックス感、しあわせ感が
あるのです。
毎日静かに自分を見つめることで、少しずつ一番自然
な、本来の状態に向かっているように感じます。

自分らしく輝く声で話したい、そして歌も歌いたい…。
願いはいつか叶うと信じています」

大阪のH.Tさん、ありがとうございました。
あなたの中に歌があります!
「笑い」と「歌」で、あなた自身を思いっきり幸せにしたら、あな
たの大切な人と一緒に、笑顔で歌いましょう。

これが、幸せに生きる秘訣です。

(2004年8月17日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法/第6号より)

ぽっちゃりさんの中には…

立派な体格をした女性がいます。体重も少し重過ぎるようです。
まんまるでプクプクした感じ。

おしゃべりしてみると、これまたびっくりするくらいの可愛い小さな声。
「え?」と聞き返さないと聞こえないくらいの、不自然なかぼそい声で
す。

みなさまの周囲で、こんな女性に心当たりはありませんか?

これは、身体のコンプレックスを出来るだけ隠そうとしている、つまり
小さい人、可愛い人に見せようとするあまりに、そんな声を創ってしま
った結果です。

大きくてもプクプクしていても、素敵な人はたくさんいます。

まんまるな身体を上手に活用し、響きのある素晴らしい声でお話される
方もたくさんいます。

堂々としている人と、身を縮めて息を殺している人とどちらが魅力的か
と考えると、答えは出ますよね。

もったいないぞ~!と私は思うのです。

持っているものは精一杯活用しないとね!!

(2004年8月3日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法/第5号より)

 

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

腹式呼吸のテクニック~⑤

今日は少し背中に息を入れる方法をやってみましょう。

楽な姿勢で立ちます。

両手を身体の前で交差させて、自分の身体を抱くように腕をぐっと回し
て背中の肩甲骨をさわります。

右の肩甲骨は左手で、左の肩甲骨は右手でさわります。
(背中の肩甲骨って、背中の上の方にある天使の羽みたいな形の大きな
骨です)

こうすると自然に背中が拡がりますね。

鼻から息を吸いながら、ゆっくり上半身を前に倒します。45度くらいの
角度でOKですよ。

ほら、何だか背中に息が入って行くみたいでしょ。

いっぱいになったら、ゆっくり口から息を吐きながら上半身を元に戻し
ます。

膝はつっぱらないで、ゆるめておいて下さいね。

背中が気持ちよく広がったような感覚になったら、成功です!

(2004年8月3日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法/第5号より)

 

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

 

歌えなかった、あの頃

私は映画が創りたくて、広島から上京して来ました。

企画、制作、脚本、出演、ぜ~んぶ自分でやることを夢見て、まず最初
に門を叩いたのが、あの勝新太郎さん主宰の俳優養成所「勝アカデミー」
でした。

勝新太郎さんの元でさまざまな事を学んで4年。続いてテレビ局が運営
するタレント養成所「TBS緑山塾」の第1期生として学んで卒業。

ここで完全に行き詰まって、ジメジメとした生活を送っておりましたら
「歌、やってみない?」と天からの声のようにお誘いがかかり、歌い手
としての修行が始りました。

そしてお客様の前で歌い始めたら、これがトントンと上手く行きました。
難関のオーディションには合格するわ、仕事の依頼はサクサク来るわで
すっかりお調子に乗ってしまいました。

そして10年。

毎日毎晩どこかしらで歌う生活をしていて、いつの間にか、人の評価に
振り回されるようになっていたのかもしれません。体調を崩しがちにな
って来ました。

そのうちに、寝ていると呼吸が止まるようになりました。
眠りながらも苦しくて「もう、だめだ!死ぬ!!」と思った瞬間に目が
覚め、ゼイゼイと息をするといったことが繰り返されました。

変だなと思っているうちに、話すことは出来るのに歌うための声が出な
くなりました。気持を奮い立たせてステージに向かうと、喘息の発作の
ように激しく咳き込みます。

それは、歌うことの喜びからはかけ離れた生活でした。
私は疲労と恐怖に襲われ、逃げるように歌から離れてしまいました。

呼吸の自由と歌を失ったのです。

当時、知り合ったカウンセラーに「息が出来ない、生きるのが苦しくて
息苦しい!」と訴えると「面白い言い方をしますね~!」と喜ばれまし
た。(T_T)

それから8年の歳月が流れました。

私は母親になりましたが、鼻歌すら歌うことが出来ない状態が続いてい
ました。

しかし、幼い娘は容赦してくれません。
「おうた、うたってー!」と迫って来ます。それじゃあ、せめて娘の前
だけでもと思い立ち、笑顔見たさに、わらべうたや手遊び歌を歌ってみ
ました。

「歌える…!私、歌えるんだ!」

ふと気が付くと身体はゆったりとリラックスしています。もちろん咽喉
の痛みも発作も出ません。突然、涙がボロボロと溢れて来ました。
きょとんとしている娘を前に、堰を切ったようにゴウゴウと泣いてしま
いました。

その日からです。
「もう一度、歌いたい!」と切実に願うようになり、少しずつでしたが、
再スタートに向けて歩き始めたのです。

私は同じ苦しみを繰り返さない為に、呼吸と身体と声に関する勉強から
始めました。

「呼吸、そして声は生命力であり、人間の創造性の源です」
「呼吸は人生に奇跡を起こし、声は魔法を生み出します」

学ぶうちに気付いたこれらのことは、声を使った表現を職業にしている
人だけでなく、全ての人に与えられた喜びであるということが理解出来
るようになりました。

それが、このメルマガや「A VOICE TO CREATE」と名付けたレッスンに
繋がっています。

私自身がそうであったように、自然な呼吸を取り戻すということは、
あなた自身を幸福にするだけでなく、あなたの周りにいる大切な人たち、
子供や家族や友だち恋人までも、共に幸福に導く鍵になると、私は確信
しています。

でも、まずは、あなたから…です。

(2004年8月3日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法/第5号より)

 

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

 

大きい声とコンプレックス

太くて立派な声の人がいますね。
どこにいても、声が大きいためにその人が居ると解かってしまう。

でもよ~く聴いてみましょう。ガンガン鳴っているその人の声が、うる
さく感じることはありませんか?

しかも音量はあるのに、何を言っているのか良く聞き取れないなどとい
うこともあるのでは…。

自然な呼吸と発声で話していて、しかも相手に伝えようという意思がき
ちんと働いていれば、小さな声でも言葉は明瞭に伝わります。

それに聞き心地も良いので、うるさく感じられることもありません。

必要以上に声の大きな人は、多くのコンプレックスを抱えている場合が
あります。

「私はここにいるのよ」「無視しないで」「私に気付いて」「私を大切
にして」「私を立派な人だと思って」「私は臆病なんかじゃない」

心に隠し持っている欲求が先に立って、相手とのコミニュケーションに
まで想いが至っていないのです。

如何ですか?思い当たることはありませんか?
声も呼吸も身体も、とても正直なのです。

(2004年7月31日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法/第4号より)

 

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

腹式呼吸のテクニック~④

前回はあなたの中心を確認する作業をしました。臍下丹田と呼ばれてい
る場所ですね。

今日は少しイメージの呼吸法をしてみましょう。

私は、臍下丹田は自分の気力や生命力の源だと思っていますが、もうひ
とつ、自分の「核」つまり本質と繋がれる場所だとも思っています。

嘘や偽りのない、本当の自分自身に向き合える場所。
これが人間の「中心」です。

私はその「中心」をイメージする時、天国のような場所を思い浮かべま
す。自然が豊富で美しい場所です。

生きていると、泣きたくなるようなことにも出会いますよね。
そんな時、この天国に立ち戻って自分と向き合う時間を創ります。

ただしこの天国は放っておくとすぐに荒れ果てるので、美しく住み心地
の良い環境にするためには、時々手を入れて育てて行かなければなりま
せん。庭を整えるようにです。

天国の育て方は、人それぞれ。
楽しむこと、遊ぶこと、自分自身を満たすこと、そして、ゆったりと呼
吸を続けることなどです。

深い呼吸を繰り返しながら、そこで好きなことをしている自分をイメー
ジしましょう(私の場合、大抵マッサージを受けてます)。

難しい問題に直面した時は、イメージの中で誰かに問い掛けたりもしま
す。便利なことにそこは天国ですから(^^)神様らしき存在からアドバ
イスがあるかもしれません。

私の場合、そこでふっと浮かんだ答えが、案外的確だったりもするので
ちょくちょく利用しています。

呼吸をする時に、腹筋や横隔膜のことを考えるよりも、この方が楽しい
ですよね。そして、生きて行く上で大切なことにも気付かされたりしま
すので、この方法、おすすめです!!

(2004年7月31日発行・呼吸の奇跡☆声の魔法/第4号より)

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

子どもたちへの贈り物

赤ちゃんの頃には、自然に出来ていた呼吸や発声が、成長して行くにつ
れて、流れを止められ無理な負荷がかかった呼吸に変化して行きます。

ほとんどの人がそのようです。
それもごく幼いうちから…。

実際深い呼吸を体験して行くうちに、流れを止められた時点に記憶が戻
り、幼い頃の哀しみを思い出してしまったり、押さえ込んでいた感情が
溢れ出して涙が止まらない、などという状況に良く出会います。

私たちは、何故そんなに幼いころから、心や身体に負担をかけて生きて
行くことを余儀なくされたのでしょうか?

子供たちは家庭や学校の中で、どんなに事態に追い込まれても、それを
受け入れて生きて行くしかありません。

怒りや哀しみを上手く表現出来ないために、必要以上に我慢をしたり、
別のことで気を紛らしたりすることが子供たちの数少ない選択肢です。

その結果、身体は硬くなり自由な動きが束縛されて行きます。

「キレる」「むかつく」子供たちは、どんどん浅い呼吸になって行きま
す。身体を思いっきり動かして遊ぶことも、感情をどーんと解放する機
会も極端に少なくなっているのかもしれません。

この数年、子供たちが巻き込まれる痛ましい事件が相次いでいます。
私も4歳の女の子の母親ですので、そんな事件を知るたびに動揺し胸が
痛みます。

どうすればいいのか、中々答えは出せません。
そんな事を考えている時、娘が私にヒントをくれました。

その日は、娘の4歳の誕生日でした。
お祝いに江ノ島水族館で遊んだ後に、近くの海に散歩に行きました。
娘にとっては初めての海です。

彼女は人見知りと場所見知りが激しく、慣れない場所には緊張して動け
なくなることの方が多いのですが、その日は違いました。

いきなり洋服のまま海に飛び込み、笑い、はしゃぎ、叫び声を上げなが
ら、夢中になって遊び始めました。見知らぬ人にも笑いかけています。
正直なところ、彼女のそんな反応に驚いてしまいました。

私もついつられて海に飛び込んでしまいました。その時の身体の感覚や
解放感は自分でも驚くほど清々しいものだったのです。

私たちは、自然の一部であることから切り離されて来たことに思いが至
りました。

そんなことは、ずっと以前から気が付いていたつもりでしたが、思って
いる以上に、深刻な事態に陥っていたようです。

私たちが自然との繋がりを取り戻す一番身近な方法は、深い呼吸をする
こと、そして本来の声を発して生きることだと私は思っています。

そして、豊かな自然の中に身を置くと、人は意識しなくても深い呼吸に
戻り、声を発しながら遊ぶ感覚に戻れるということを、娘から教えられ
ました。

未来を担う子供たちにしてあげられる一番の贈り物は、案外そんな当た
り前のこと、そして何よりも大切で難しいことなのかもしれません。

(2004年7月31日発行・呼吸の奇跡☆声の魔法・第4号より)

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

会話中に息をのむ

声は、波動です。空気を震わせて伝わって行きます。
そして、あなたのほんとうの姿を映し出す魔法の鏡でもあります。

女性は何か話す前に、息を止める人が多いようです。
息を呑みこむというのか、ぐっと押し留める癖のある人のことです。

これは、「私が話しても満足に聞いてもらえない」といったような無力
感を持っている人に多い癖です。

「どうせ、私の話なんてたいしたことはない。」「私が話しても無視さ
れる」そんな思いが息を止めてしまうようです。

ご自分が何かお話される時、少し呼吸に意識を向けて見て下さいね。

もし、息を止めている時間が多いなと気付いた方。どんな時も呼吸をし
続けて、呼吸を楽しんで下さい。

それだけで、随分変わって来ます。自尊心を取り戻す第一歩です。

深い呼吸で、お腹の中心から声が出せるようになると、説得力のある声
になって行きます。思わず人が聴いてしまう声です。

存在感のある声とでも言うのでしょうか。聴かずにはいられない声で
す。素敵ですよね。

そんな声になる可能性は誰の中にもあるのです。

(2004年7月27日発行メルマガ・第3号)

 

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

腹式呼吸のテクニック~③

今回はあなたの中心を確認する作業をしてみましょう。

足を肩幅に開いて楽に立ってみて下さい。
膝頭と足の爪先は同じように前に向けて下さいね。足先だけを開きすぎ
ないように気を付けて下さい。

頭のてっぺんより少し後ろよりに、小さく窪んだところがあります。
ここが百会(ひゃくえ)というツボです。

ここに紐が付いていて「真っ直ぐ天から吊り下げられている私」をイメ
ージします。
左右の足の裏に均等に体重は乗っていますか?

この感じがバランス良く立っている第一歩です。

首や背中がちょっと長くなったような気がしませんか?

次に、この百会の位置から身体をバッサリ縦に切って、前半身と後半身
に分けてみて下さい(あくまでもイメージでね)。
自分が思っているよりも、少し後ろ側で分かれてますね。

これが縦のラインです。横から見ると耳の穴、肩、腰骨、膝、くるぶし
から数センチ前のあたりが一直線に結ばれています。

次は臍下丹田の位置から横に輪切りにします(あくまでもイメージよ!)

この横のラインと先ほどの縦のラインが合わさったところ。
ちょうど骨盤の少し前あたりになるかと思いますが、そこが、あなたの
世界の中心です。

愛は叫ばなくて良いけれど、これを知っておくととても便利です。

あなたをしっかり支えてくれる場所になります。

(2004年7月27日発行メルマガ・第3号より)

呼吸は赤ちゃんに学べ

赤ちゃんは、お母さんを呼ぶために四六時中泣いています。
泣くことしか表現方法がないので仕方がないとしても、もう朝から晩ま
で、酷い時には20分~30分も泣き止まない時があります。

さてみなさま、これだけ泣き続けると赤ちゃんは咽喉を痛めてしまいま
すよね。ほとんどの赤ちゃんは、泣き過ぎて声をからしているのでしょ
うか?

いえいえ!不思議なことに、赤ちゃんの声ガレはほとんどないのです。

風邪などの病気の場合は別ですが、赤ちゃんは声をからさない理想的な
身体の使い方をしているのです。

まず呼吸についてですが、前回お話した腹式呼吸は寝ている赤ちゃんを
観察しているとよくわかります。

胸よりも、お腹がゆっくりと大きく動いて呼吸をしています。

(実は、大人も寝ている時はそうなのですが、この頃はストレスを溜め
込んでいる人が多いためか、胸だけで必死に呼吸しながら寝ていたり
睡眠時無呼吸症で苦しんでいる人も多くなっています。私もかつては
そうでした)

赤ちゃんの小さな肺で呼吸をして生命を維持させるためには、何よりも
効率良く呼吸をしなければなりません。

そのためには、肺だけを使っていたのではとても賄いきれないので、腹
筋や背筋をはじめ手や足なども使って、呼吸を全身でサポートさせま
す。

このスタイルは咽喉や声帯にも負担が少なく、効率の良い呼吸が出来ま
す。しかも自然で無理がありません。

赤ちゃんの泣き声ってびっくりするぐらい大きいでしょう。

あれは、全身を使って声を出しているからなんです。その上、声帯を傷
付けるような負荷もかからないから声がれもないんです。

私たちはみんな赤ちゃんでした。

どんなオッサンだって(失礼!)赤ちゃんの時はあったわけですから、
誰でも、全身を使って効率良く呼吸も出来るし、お腹にズンと響くよう
な、しっかりした深い声だって出せるのです。

それなのに私たちは…。
大人になるまでに、何だかいろんなことを抱え込んでしまいました。
精神的にも肉体的にも、たくさんの傷や痛みでいっぱい。

それがいつのまにか、身体や心を不自然な形で固めてしまう結果になっ
てしまいました。

そして今、そのツケが子供たちにも影響を及ぼしているのです。

(2004年7月28日発行・第3号)

ムキムキ筋肉と声

声は、波動です。空気を震わせて伝わって行きます。
そして、あなたのほんとうの姿を映し出す魔法の鏡でもあります。

とても筋肉質な男性、特に首や肩の周りが筋肉モリモリの、いかにも
「オレは男だぁーー!」的な体型の男性が、いざ声を発して話し出すと
びっくりするくらい甲高くて可愛い声だったなんてご経験はありません
か?

それは、筋肉を増強させて身体をガチガチに固めたために、声帯までも
が、自由さを奪われて硬くなってしまったためです。
そして、共鳴させる身体があまりにも硬いため、あのように響きのない
押しつぶされた高い声になってしまうのです。

ところが、思い出すのはアーノルド・シュワルツネッガー知事。

彼は俳優時代、筋肉を特殊な鍛え方で増強させました。その結果、外見
からは想像も出来ないような、しなやかでやわらかな筋肉を持てるよう
になりました。その努力プラスヴォイストレーニングで、あのような、
低い威厳のある声を創っていったと言う事です。

さすが、ハリウッド。

「I’ll be back!」って高い声じゃねぇ…。

みなさま、首や肩、背中が凝っていると声帯も硬くなります。どれだけ
リラックスして、身体をしなやかに使えるかがポイントですよ~。

(2004年7月24日発行・第2号)

腹式呼吸のテクニック~②

今回は少しお腹を意識してみましょう。

これは横になっていた方が解り易いと思います。

前回、臍下丹田(おへそから指4本分下の位置)のあたりに息を入れる
イメージでとお話しました。

鼻からゆっくり息を入れる時に、胸よりも臍下丹田を意識して少し膨ら
ませるように、してみましょう。

案外難しいですよね。

仰向けに寝て呼吸をしていると、胸が上下しているのが解りますね。
それを少し下にさげて、下腹部あたりがふくらんだりしぼんだりするよ
うに、身体を使ってみるのです。

その時胸が硬くなっていませんか?上半身は脱力。もちろん下半身も。
意識して動かすのはお腹だけです。

自分の身体って思った以上に、自由にならないと思いませんか?

吸っている時は膨らんで、吐く時にはお腹がしぼみます。
この繰り返しです。

これはお腹に息が入っているのではなくて、腹筋を使う練習です。
力を入れないで軽く使ってみて下さい。

腰や背中も息を吸うと床に近付きますよね。
そんな感覚を充分楽しんでみましょう。

(2004年7月24日発行・第2号)

肺と横隔膜について

肺は思った以上に小さく、身体の高い位置についていましたね。
人間が呼吸をすると、この肺の中にだけ息が入ります。

ヴォイストレーニングを受けている方たちは経験があるかもしれません
が、時々「お腹に息を溜めて」とか「お腹で息をして」などと指導され
る場合がありますね。

すると、その言葉を真っ直ぐに受け取って、胃や腸が空気を取り入れて
いると思い込んでしまう人もいます。

そんな人はいないって?
す、すみません。私がそうでした。(*^o^*)

もう一度、身体の構造に意識を向けると、私たちが呼吸をしている場所
は、身体の上半身、しかも全身の上3分の1くらいの小さな範囲でしか
ないのです。

それでは、何故ヴォイストレーナーの人たちは、お腹、お腹とお腹ばか
りを責めるのでしょう?

それは、身体が本来持っている呼吸の仕組みにあるのです。

そこで、本日登場するゲストは「横隔膜」です。

この横隔膜も誤解され易い存在でして、私はヴォイストレーニングを受
けているとき、この腹と横隔膜には何度泣かされたか解りません。

「横隔膜でしっかり支えて!!」「どこ?なに?オウカクマクって…」

そこで自分なりに考えて、横隔膜は胃かミゾオチあたりにある臓器か、
もしくはマク、胃のまわりにあるピロンとした物体。そう思っていまし
た。(なんじゃ、それは…)

ふたつの肺の間に心臓がありますね。ちょうどそれを底辺から支えるよ
うな形でドーム状の膜が身体を横断しています。膜を挟んで上の階が肺
と心臓グループの住い、その膜の下の階が胃腸や脾臓、腎臓などの臓器
グループの住む階です。

このふたつのグループを分断するように存在する横隔膜(横に隔てる膜
ってそのまんまの漢字ですね)は、お腹や腰に縦についている腹筋や腰
の筋肉とつながっています。

さて、あなたは今、無意識に呼吸をしています。

その時身体の中では、胸をぐるっと覆っている肋骨が拡がり、脊椎がゆ
るみ背中が拡がり、横隔膜がぐっと下に下がります。ドーム型の屋根が
少し浅めに平たくなったような感じです。

すると肺の周りの環境がゆるむ(広くなっている)ので、そこに向かっ
て自然に息が入って来ます。

横隔膜が下に下がっているので、内臓はほんの少し圧迫されたような状
態になりました。外側から見るとお腹が少し出たように見えます。

次に息を吐く時は、横隔膜が上がり、胸が狭まります。すると肺の周り
が狭くなる為に、息は自然に出て行きます。

解りますか?無意識に呼吸を繰り返していても、身体はこれだけ運動し
て呼吸を続けてくれているのです。

これを少し意識化するのです。
「腹式呼吸」という言葉をお聞きになったことはありますか?

これは、横隔膜に繋がっている腹筋や背筋を意識的に使って、呼吸をコ
ントロールする方法です。お腹で支える、お腹で息をするというのは、
この事です。

ヴォイストレーナーが言っているのは、腹筋や背筋やもろもろの筋肉を
駆使して、横隔膜を自力で上げたり下げたりしながら、呼吸を効率良く
使って、歌や表現に生かしてちょうだい!と言う事なのです。

あら、むずかしい!!

いえ、いえ、ちょっとしたコツをつかめば大丈夫です。
だって私たちはかつて、この腹式呼吸を無意識に使っていました。

赤ちゃんは、素晴らしい腹式呼吸のマスターです。

(2004年7月24日発行メルマガ呼吸の奇跡☆声の魔法・第2号)

 

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

 

聞いて、聴いて、声を!

声は、波動です。空気を震わせて伝わって行きます。
そして、あなたのほんとうの姿を映し出す魔法の鏡でもあります。

声を聴いているだけで、その人の骨格、肉付き、さらには外傷や病気の
有無、家庭環境、身体や心の癖などが解る場合があります。

声は肺から出てくる息が、気管を通り声帯を震わせて音に変化したもの
です。そして、身体のさまざまな部分に共鳴して声として拡がって行き
ます。

心や身体の癖が、呼吸にも影響を与えるように、当然声にも影響を与え
ます。声にはその人の全てが出てしまうのです。

自分の声に対して評価が厳しかったり、コンプレックスを抱いたりして
いる人は、実は、ありのままの姿がさらけ出されるのを恐れているの
かもしれません。

声のレッスンをすることは、世界にひとりしかいない自分自身の自尊心
を取り戻すレッスンでもあります。

私自身がそうであったように…。

まずはあなた自身の声をよく聴いてみましょう。

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

腹式呼吸のテクニック

まずは、とてもシンプルでベーシックな呼吸法からお伝えします。

無理のない楽な姿勢をとりましょう。立っていても、座っていても、寝
ていてもOK。全身の緊張をゆっくりと解いていって下さい。

膝も忘れずに、軽くゆるめておいて下さいね。

おへそから指4本分下のところに手を当てます。
そこからぐっと骨盤に向かって入った所、ここが臍下丹田(せいかたん
でん)と呼ばれている場所です。

臍下丹田は自分の中心、エネルギーの源があると言われています。

そこに向かって、ゆっくりと鼻から息を入れて行きます。
(実際に臍下丹田に息は入りません。あくまでもイメージでね)

そう「深く」「下に」というイメージです。

胸に力を入れずに「下っ腹」がふくらむような感じを意識して息を吸っ
たら、次はゆっくりと細く長く、口から息を吐き続けます。

お腹で静かに押し出すようにするのがコツです。

それを5分でも10分でも続けると、相当、気分が落ち着いて来ます。

(2004年7月20日発行・メルマガNo.2より)

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

呼吸は何でも知っている~②

★ 呼吸は何でも知っている。

創刊準備号で、ストレスを身体に溜め込むと身体のあらゆる部分が影響
を受けて、ギクシャクして来るというお話をしました。

そして、意識して深い呼吸をする必要性もお伝えしました。

体内に充分な酸素が取り入れられると、自律神経を始めとして身体のさ
まざまな部分のバランスが取れるようになります。
頭の中がとってもスッキリとクリアになりますし、精神状態も安定して
来ます。

女性ならホルモンのバランスが良くなり、お肌ツヤツヤも夢ではなくな
ります。

ところが、その「深い呼吸」=「深呼吸」
これがけっこうクセモノなのです。

深呼吸だけをハフハフ繰り返しても、胸だけ、上半身だけを力んで使っ
ていては、あまり効果がないのです。
それだけでなく、過呼吸になってしまって気が付くとバッタリ倒れた後
だった、なんてことにもなりかねないのです。

そうならないためには、多少の知識とテクニックが必要です。

まずは知識の部分。
最初は「肺」についてのお話しです。あ、学術的な話はナシですよ~!
私自身がついて行けないので…。(*^_^*)

とても当たり前で簡単なことなので、ちょこっとだけご自分の身体の
内側に目を向けて見て下さいね。

肺は胸の肋骨の中に、左右ひとつずつ袋状のものが付いて出来ているの
はご存知ですよね。

さて質問です。この肺のテッペンはどこでしょう。

これが、ナント鎖骨の上。
鎖骨って、女性が胸のぐっと開いたドレスを着ていたりすると、両肩か
ら首の下あたりに向かってスッと横に並んでいるのが見える、ちょっと
セクシーな2本の骨です。

肺の一番上は、その鎖骨の上。ほとんど首の付け根のすぐ下にまで来て
るんです。ちょっとビックリですね。

そして、肺の一番大きな所が乳首のあたり。肺の底辺は、ちょうど乳房、
つまりオッパイの下のライン。アンダーバストの位置です。

以外と小さいし、高い位置にあるでしょ。

肺は自力で袋を広げたり、しぼめたりして呼吸を促すというよりも、そ
の周辺にある肋骨や脊柱、身体全体の筋肉がしなやかに拡がったり伸び
たりすることで、呼吸を成立させています。

ということは、首、肩、胸、背中が緊張して強張っていたのでは、肺は
機能しにくくなるのです。

それでも深呼吸は必要だからと、無理矢理胸を開いたり閉じたりして
呼吸をしようと頑張っても、身体に余計な負担がかかるばかりで、何の
効果も得られないという虚しい結果になります。

そ、それではもったいないですよね!

(2004年7月20日発行・メルマガNO.2)

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

呼吸は何でも知っている~①

★ 呼吸は何でも知っている。

ストレスを身体に溜め込むと、内臓に不調が出てきたり首、肩や腰の
痛みが出てきたりしますね。
それだけでなく、身体のあらゆる部分がギクシャクして来ます。

私もかつて、喘息、腰痛、肩こり、倦怠感などなどを抱え込み、20代~
30代の麗しき時期を、腰をさすりながらヨタヨタと歩いておりました。

心の問題や思考の癖が、身体に影響を与えるのは周知の事実です。

そこで、体調が思わしくないと思われる時のご提案!

少し時間をとって、ご自分の呼吸に意識を向けて見て下さいな。
思った以上に浅い呼吸を続けていませんか?
現代人は呼吸をする時に、ナント肺の30%程度しか機能させてない
ようです。

ということは、体内に摂取する酸素の量が圧倒的に少ないワケだから、
循環が悪くなりますよね。
当然体温も下がるし、身体そのものの働きが鈍くなってきます。

私たちは意識して、深い呼吸をすることが必要になっているようです。
呼吸をする感覚を自分自身でしっかり取り戻すと、心身のさまざまな
状態が改善されてきます。
これは、私自身が身をもって体験しました。

「それでは、深呼吸を続けてればいいの?」

いえいえ、それだけではもったいない。
少しのテクニックを知ることで、もっと効果的に身体を使えるように
なります。

次回から、順を追ってそのテクニックをご説明しますね。

(2004年7月4日発行メルマガ・NO.0号)

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル