まほろの声を探して~声をめぐる浜田真実の思いのたけ~

まほろの声を探して~声をめぐる浜田真実の思いのたけ~

e-mail. office@keotokokyu.com
TEL. 03-6379-4743

読者の方からのお便り

読者の方からのお便り

はじめまして。
創刊号楽しく読ませていただきました。
私は、すごい音痴です。

小学校までは、歌唱部に選ばれたり、ピアノを習っていたので、音程を
とるのは比較的得意でした。
中学くらいから、人前で歌うことが恥ずかしくなり、それ以来、歌わな
くなってウン十年。今では、鼻歌さえ出てこなくなりました。

歌わなくなると、音域も狭くなり音痴がますますひどくなりますね(涙)
このメルマガを憧れをこめて、読ませていただきます。
頑張って下さい。

***

お便りありがとうございました。
それにしても「音痴さま」というハンドルネームは哀しい響きがありま
すね…。私は「音さま」と呼ばせて頂きましょう。(^o^)丿

音さまはきっと歌う事が大好きなのですね。何となくそんな気がしまし
ました。よっぽど機能的に問題がある場合は別ですが、音痴の方ってあ
まりいないんじゃないかなと私は思っています。

中学の時に何か大きな心の変化があって、それがご自分の歌を閉ざすこ
とに繋がってしまったのかもしれませんね。

あるゴスペル歌手の言葉があります。私、この言葉大好きです!

「どんなに小さな声でも神様にはちゃんと届くのよ。それにまずい声だ
って気になさらないし」

もし、歌う事が好きならそれだけで充分ですよー。
音域や音程なんか気にせずに、思いっきり声を出して歌うと、ポンと心
の中で何かがはじけるかもしれません。

この頃、各地の日本民謡をたくさん聴く機会に恵まれているのですが、
そこに登場するおじさん、おばさんたちの唄は、西洋音楽の常識からす
ると「おいおい」と突っ込まれそうなものが、たくさんあります。

でも、それが、すっごく良い!!魂を揺さ振られます。
唄が、唄っている人そのものなんです。温かくて…。
それに、ご本人が好きで唄っていますから、誰も何も言えないくらい存
在感があるんですよ。

歌って本来そういうものだと思います。
私もようやく気が付いて、そうなりたいなぁといつも願うようになりま
した。

音さまにとってかけがえのない1曲は、誰かにとってもかけがえのない
1曲です。音さまらしさが出ていれば、それは上手い下手なんてちっち
ゃいことを、遥かに越えます。

まずは、ご自分のために如何ですか?

(2004年8月10日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法~第6号)

 

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です