まほろの声を探して~声をめぐる浜田真実の思いのたけ~

まほろの声を探して~声をめぐる浜田真実の思いのたけ~

e-mail. office@keotokokyu.com
TEL. 03-6379-4743

笑いの効用

笑いの効用

腹式呼吸は難しいというイメージがありますが、私たちは日常でも
腹式呼吸を自然に使っています。

ロウソクの炎を吹き消す、手を息で温める、ガラスにはぁ~っと息
を吹きかける、大笑いをするなど、みんな腹式呼吸の上に成り立っ
ています。

特に笑うときは、「あはははは~」と声を出して笑うでしょう。
これが、とっても身体に良いのです。

肺と心臓の下にある横隔膜が、活発に動いて呼吸を深めるからです。

呼吸が深まると、酸素が大量に体内に取り入れられます。血液の循
環も良くなりますよね。

細胞の活性化を促すことにもなるのです。
◆笑いと表情筋

笑うと、鼻の横、頬のやや上のあたりの筋肉がくっと持ち上がりま
す。

この表情筋の後ろに、脳に向う血管があって、笑顔になるとこの血
管が刺激されます。

すると、脳の血流もアップして脳細胞も、ますます活性化!!

番組では、記憶力が高まる、血糖値が下がる、血液がサラサラにな
る、基礎代謝が上がる、免疫力が高まる、若返る、肌がきれいにな
るとさまざまな効用を上げていました。
◆がん細胞も・・・。

以前、私が聞いた話では「あははは~」と笑うことでガン細胞も消
えた人がいたのだとか。

アメリカのパッチ・アダムスというお医者さまも、笑いを医療の現
場に積極的に取り入れていますよね。

やっぱり、笑う角には福は来ます。(^o^)ハハハ!
◆笑いと歌

実は、この笑いの効果と同様の効果を生み出すのが、歌です。

腹式呼吸を使い、表情筋を刺激し、声を思いっきり出して自己表現
をする「歌」。

間違った身体の使い方さえしなければ、歌うことで人は健康になれ
ますし、幸福にもなれるのです。

それ以上に、聴いている人にも幸福をプレゼント出来ますよね。

お年寄りと子どもに歌が必要なように、私たちすべての人間に「笑
い」と「歌」が必要です。
◆まずは自分のために

まずは、自分のために笑いましょう。
そして自分のために歌いましょう。

ある生徒さんからいただいたメールです。

「呼吸法を私も毎日実行し、効果が表れてきています。
まず首や肩の凝りがほとんどなくなりました。

そして通奏低音のようなリラックス感、しあわせ感が
あるのです。
毎日静かに自分を見つめることで、少しずつ一番自然
な、本来の状態に向かっているように感じます。

自分らしく輝く声で話したい、そして歌も歌いたい…。
願いはいつか叶うと信じています」

大阪のH.Tさん、ありがとうございました。
あなたの中に歌があります!
「笑い」と「歌」で、あなた自身を思いっきり幸せにしたら、あな
たの大切な人と一緒に、笑顔で歌いましょう。

これが、幸せに生きる秘訣です。

(2004年8月17日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法/第6号より)

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です