まほろの声を探して~声をめぐる浜田真実の思いのたけ~

まほろの声を探して~声をめぐる浜田真実の思いのたけ~

e-mail. office@keotokokyu.com
TEL. 03-6379-4743

歌えなかった、あの頃

歌えなかった、あの頃

私は映画が創りたくて、広島から上京して来ました。

企画、制作、脚本、出演、ぜ~んぶ自分でやることを夢見て、まず最初
に門を叩いたのが、あの勝新太郎さん主宰の俳優養成所「勝アカデミー」
でした。

勝新太郎さんの元でさまざまな事を学んで4年。続いてテレビ局が運営
するタレント養成所「TBS緑山塾」の第1期生として学んで卒業。

ここで完全に行き詰まって、ジメジメとした生活を送っておりましたら
「歌、やってみない?」と天からの声のようにお誘いがかかり、歌い手
としての修行が始りました。

そしてお客様の前で歌い始めたら、これがトントンと上手く行きました。
難関のオーディションには合格するわ、仕事の依頼はサクサク来るわで
すっかりお調子に乗ってしまいました。

そして10年。

毎日毎晩どこかしらで歌う生活をしていて、いつの間にか、人の評価に
振り回されるようになっていたのかもしれません。体調を崩しがちにな
って来ました。

そのうちに、寝ていると呼吸が止まるようになりました。
眠りながらも苦しくて「もう、だめだ!死ぬ!!」と思った瞬間に目が
覚め、ゼイゼイと息をするといったことが繰り返されました。

変だなと思っているうちに、話すことは出来るのに歌うための声が出な
くなりました。気持を奮い立たせてステージに向かうと、喘息の発作の
ように激しく咳き込みます。

それは、歌うことの喜びからはかけ離れた生活でした。
私は疲労と恐怖に襲われ、逃げるように歌から離れてしまいました。

呼吸の自由と歌を失ったのです。

当時、知り合ったカウンセラーに「息が出来ない、生きるのが苦しくて
息苦しい!」と訴えると「面白い言い方をしますね~!」と喜ばれまし
た。(T_T)

それから8年の歳月が流れました。

私は母親になりましたが、鼻歌すら歌うことが出来ない状態が続いてい
ました。

しかし、幼い娘は容赦してくれません。
「おうた、うたってー!」と迫って来ます。それじゃあ、せめて娘の前
だけでもと思い立ち、笑顔見たさに、わらべうたや手遊び歌を歌ってみ
ました。

「歌える…!私、歌えるんだ!」

ふと気が付くと身体はゆったりとリラックスしています。もちろん咽喉
の痛みも発作も出ません。突然、涙がボロボロと溢れて来ました。
きょとんとしている娘を前に、堰を切ったようにゴウゴウと泣いてしま
いました。

その日からです。
「もう一度、歌いたい!」と切実に願うようになり、少しずつでしたが、
再スタートに向けて歩き始めたのです。

私は同じ苦しみを繰り返さない為に、呼吸と身体と声に関する勉強から
始めました。

「呼吸、そして声は生命力であり、人間の創造性の源です」
「呼吸は人生に奇跡を起こし、声は魔法を生み出します」

学ぶうちに気付いたこれらのことは、声を使った表現を職業にしている
人だけでなく、全ての人に与えられた喜びであるということが理解出来
るようになりました。

それが、このメルマガや「A VOICE TO CREATE」と名付けたレッスンに
繋がっています。

私自身がそうであったように、自然な呼吸を取り戻すということは、
あなた自身を幸福にするだけでなく、あなたの周りにいる大切な人たち、
子供や家族や友だち恋人までも、共に幸福に導く鍵になると、私は確信
しています。

でも、まずは、あなたから…です。

(2004年8月3日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法/第5号より)

 

ボイスバランスメイキングのマミィズボイススタイル

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です