本文へスキップ

あなたを輝かせるステキな声の育て方

ボイストレーニングのMVSご質問・お問合せは

office@koetokokyu.com

声のお悩み相談室counseling room

カラオケを歌うと声がかれてしまいます

Q-7
カラオケで歌っていると、2~3曲で声が変わる。5~6曲歌うと翌日は声がガラガラです。
みんなそうなの?(19歳・のんちゃんさん・女性)

A-7

歌は背中で歌う!なんだか格好イイね。

正しい発声をしていると、声は出せば出すほど、声帯が潤ってくるの。
艶やかな良い声になるはずなんだけど、のんちゃんは、辛そうですね。
ノドで歌おうとしているのかな?
歌うときは、ノドは使わない。
と意識するくらいでちょうど良い。
何を使って歌うかというと、骨盤の周辺の筋肉、つまり背中と、息。
歌はのどではなく、背中で歌うんです。
う~ん、格好イイ。

声を出すとき、ノドにはまったく力が必要ないと憶えていてね。
むしろ、あくびをしているような感覚で、ノドを開くことが大事。
あくびをするときに、ノド仏を軽く触って、ノド仏が下方向に動くのを確認してみてね。
その時が、ノドが開いている状態。
歌うときも、話すときも、のどは開くってこと。
閉じると苦しいし、声帯が炎症を起こして、声枯れがおこりやすくなるの。

さぁ、そして、ここ↓大事なポイントです。
声を出すときの息は、あなたの声が、頭頂部から後ろ首を通って、背中を通って、ウエストから外に広がるとイメージしてみましょう。
つまり、ノドから出すのではなく、下へ下へと音が降りて、広がるという息の方向を意識するということ。
これは、身体としっかりつながりながら声を出すという感じかな。

これも、実際にレッスンで体感しながらの方が断然わかりやすいんだけど、とにかく今は、息の方向性を意識して、下へ下へと降りて、外へ声を広げるように出してみて。
慣れてくると、ノドに集まり過ぎていた意識が分散されて、ノドの余分な力が抜けてくる。
息の方向性を意識して、ノドを、あくびをするように開いて、力を抜いて歌うと、歌えば歌うほど声帯が潤ってきて、心地良くなるはず。
さぁ、よ~く自分の声を聴きながら発声してみましょう。
下へ下へ、腰から外へ。
随分ノドが楽なはずよ。

それから、身体の筋肉を目覚めさせるつもりで、下半身をしっかり運動させておいてね。
ウォーキングを楽しんだり、軽いストレッチで股関節や足周辺の筋肉を伸ばし、
ゆるめるのも効果的。


歌うときに、声が枯れていると、歌が楽しめなくなるものね。
歌うときのボディコントロール、それ次第で、あなたのカラオケの時間が至福のひとときに変わる。
やった~!楽しんでね。

のどだけで歌っていたかも。
でも、ボディコントロールって難しそうです。
出来るかなぁ。


意識次第で、出来ますって。
女性の声帯は、20代半ばまで成長しますからね。
チャレンジして損はないぞ~!(浜田真実)

■声のお悩み相談室*メニュー
Q1.高い声の出し方を教えて  Q2.滑舌の改善方法は?  Q3.意図が伝わりにくい
Q4.ノドがすぐに疲れます  Q5.息子が反抗期です  Q6.話していると息苦しい
Q7.カラオケで声がかれやすい  Q8.加齢と声の関係は?  Q9.声がくぐもって聴こえます Q10.居酒屋で声が届きません  Q11.ノドの痛みと軽い声の出し方 
Q12.どんな声でも通る声になれますか?  Q13.話していると首の後ろが疲れます 
Q14.緊張して歌えません  Q15.歌うように話すということは?   
Q16.鼻声を改善したい  Q17.ストレスで話すときに痛みを感じる
Q18.自分の声が幼くて嫌い  Q19.低い声でも心地良く出したい
Q20.話すときに舌が片側に寄る  Q21.吃音と身体の緊張について知りたい
Q22.サ行の正しい発音のしかたを教えて

声のお悩み相談室・ご相談窓口はこちらです。

マミィズボイススタイル

OFFICE info事務局

マミィズ
ボイススタイル (MVS)

〒165-0035
東京都中野区白鷺1-6-6
TEL.03-6379-4743
⇒ MVS概要
⇒ MVS主宰・浜田真実