本文へスキップ

あなたを輝かせるステキな声の育て方

ボイストレーニングのMVSご質問・お問合せは

office@koetokokyu.com

声のお悩み相談室counseling room

すぐにノドが痛む理由と軽い声の出し方を知りたい

Q-11

たびたび聞き返されることがあり、つい力んで話してノドを痛めてしまいます。
ノドが締まる理由と、軽く声を出す方法を教えて下さい。
(59歳・manaさん・女性)

A-11
高い声を出す時は、高さではなく距離を意識しよう!
首のポジションが、ご飯を食べる時のままになっていませんか?


もしかしたら、話す時にアゴが上がって、首の後ろが縮まっていませんか?
相手に届けようとするばかりに、アゴを上げて、首を前に出して、ノドに力を入れて話してしまう。
このアゴのポジションは、声帯や、首の周辺の筋肉に負荷がかかり、ノドを痛めやすくします。

ノドが締まる理由

【1】 首のポジションが前に出て、アゴが上がっている
【2】 声を出すのはノド、とばかりにノドに力を入れて話す
【3】 息を詰めて力んで発声している


この三点が大きな理由だと思われます。
それと、後ろの首や肩、肩甲骨にかけて、バリバリにこっている人も、声が出しにくくなるために、力んで声を出す傾向にあります。
まずは、ゆるめてみましょうね。

さて、首の中には、管が二つ通っています。
息の通り道と、ご飯の通り道。

ノドの前の方にあるのが、息の通り道。
ノドの後方にあるのが、ご飯の通り道。

ノドのポジション

この息の通り道に息が上がり、ノド仏の中にある声帯をふるわせることで、音声は作られます。
先ほどの、アゴが上がっている状態の時は、実は、ご飯をごくんと飲み込むためには便利なポジションなんです。
でも、息を吐きながら発声するためには、ノドにかかる負荷が大きすぎます。

そこで、軽くアゴを引き、首の後ろをすっと伸ばしてみると良いんです。
耳は肩のラインの延長線上に来るように意識して。
ついでに肩も下げましょう。

アゴが引き気味になり、首の後ろがすっと伸びて、肩の力を抜いて立つと、それだけで、呼吸の通りが深くスムーズになるはず。
これが、おしゃべりポジションです。
ポジションを意識して、ゆっくりと息を吐きながら「はぁ~」と発声してみましょう。
ため息みたいにね。

如何ですか、ノドは、楽ですか?
声を出すときは、どこにも力は必要ありません。
楽&ゆるゆるで良いんです。
ウエスト周辺の筋肉を使いながら、しっかり息を吐いて話す。
声はノドで出すのではなく、腰・腹・背中、つまり骨盤周辺の筋肉を運動させながら息に乗せて出すものです。

無意識に、闇雲に声を出すのではなく、意識的に息を吐きながら、力を抜いて発声してみましょう。
これは練習が必要ですが、何度か繰り返すうちに必ず出来るようになりますよ。

声を出すということは、究極のボディコントロールです。
ため息に声を乗せながら、おしゃべりポジションを意識して、トレーニングしてみて下さいね。

力抜いて良いんだ~!
楽しんで良いんだ~!
と思って、楽ちんお気軽に、声と遊んでみて下さい。
きっと、声が、軽く感じられるようになりますよ。
楽しんでね!

(浜田真実)

■声のお悩み相談室*メニュー
Q1.高い声の出し方を教えて  Q2.滑舌の改善方法は?  Q3.意図が伝わりにくい
Q4.ノドがすぐに疲れます  Q5.息子が反抗期です  Q6.話していると息苦しい
Q7.カラオケで声がかれやすい  Q8.加齢と声の関係は?  Q9.声がくぐもって聴こえます Q10.居酒屋で声が届きません  Q11.ノドの痛みと軽い声の出し方 
Q12.どんな声でも通る声になれますか?  Q13.話していると首の後ろが疲れます 
Q14.緊張して歌えません  Q15.歌うように話すということは?   
Q16.鼻声を改善したい  Q17.ストレスで話すときに痛みを感じる
Q18.自分の声が幼くて嫌い  Q19.低い声でも心地良く出したい
Q20.話すときに舌が片側に寄る  Q21.吃音と身体の緊張について知りたい
Q22.サ行の正しい発音のしかたを教えて

声のお悩み相談室・ご相談窓口はこちらです。

マミィズボイススタイル

OFFICE info事務局

マミィズ
ボイススタイル (MVS)

〒165-0035
東京都中野区白鷺1-6-6
TEL.03-6379-4743
⇒ MVS概要
⇒ MVS主宰・浜田真実