本文へスキップ

あなたを輝かせるステキな声の育て方

ボイストレーニングのMVSご質問・お問合せは

office@koetokokyu.com

声のお悩み相談室counseling room

高い声の出し方を教えて!

Q-1

高い声で歌いたいです。高い声の出し方を教えて下さい。(26歳・男性)

A-1

高い声を出す時は、高さではなく距離を意識しよう!

最近、高い声で歌いたいという男性の方がとても多くなりました。
ヒットしている男性ボーカリストの声も、かなりハイトーン。
水原弘やバーブ佐竹、フランク永井は、すっごい低音だったのにね。
えっ!ご存じない?
(渋さ極まった声のお三方。昭和の歌声です)

高音を好む男性が多くなったこの現象、男性が、女性化して来ていると警鐘をならしている人もいるけれど、真相はどうなのでしょうね。

さて、私たちの声帯は、それぞれ大きさや厚みなどが違っています。
声帯が長いと、低音域の声になり、声帯が短いと高音域の声になります。
大きなコントラバスは、低音域。
小さなバイオリンは、高音域、と考えるとわかりやすいですね。

本来の得意な音域を無視して、高い音で歌おうとしても、声帯に無理が生じますし、あなたらしさを表現することができにくくなります。
それでも、高い声が出したいというなら、息のパワーを借りましょう
けっして、ノドで力んで声を出してはいけません。

高い音になればなるほど、息を遠くに飛ばすように意識する。
つまり、高い高いと意識するより、前へ前へと距離を意識する。
息を遠くに吐こうとすると、腰や腹の筋肉をちょっと外側に広げるようにして使うようにすると、息は遠くに届きやすくなります。

高い声を出すときは、上へ上へと高さを意識するより、下へ下へ。
つまり骨盤周辺の筋肉を使うということと、前へ、遠くへ息を飛ばす。

この 下と前の二方向を立体的に意識しながら発声することが大事。
そうすると、高い声は自然に出せるのですが、これは、実際やってみないと難しいですよね。

マイケルジャクソンのように、フ~とか、ポ~とか、息を吐きながら声を出して練習をしてみてください。
まずは、ノドに負担をかけない高音の出し方に慣れることが先決ですよ。
どうぞ、無理のないようになさってくださいね。

息を吐きながら試してみました。
下へ下へと意識するって、びっくりしたけど、何となくつかめました。
レッスンしてみます。


ありがとうございます。
無理せず楽しんでね~!(浜田真実)


■声のお悩み相談室・メニュー
Q1.高い声の出し方を教えて  Q2.滑舌の改善方法は?  Q3.意図が伝わりにくい
Q4.ノドがすぐに疲れます  Q5.息子が反抗期です  Q6.話していると息苦しい
Q7.カラオケで声がかれやすい  Q8.加齢と声の関係は?  Q9.声がくぐもって聴こえます Q10.居酒屋で声が届きません  Q11.ノドの痛みと軽い声の出し方 
Q12.どんな声でも通る声になれますか?  Q13.話していると首の後ろが疲れます 
Q14.緊張して歌えません  Q15.歌うように話すということは?   
Q16.鼻声を改善したい  Q17.ストレスで話すときに痛みを感じる
Q18.自分の声が幼くて嫌い  Q19.低い声でも心地良く出したい
Q20.話すときに舌が片側に寄る  Q21.吃音と身体の緊張について知りたい
Q22.サ行の正しい発音のしかたを教えて

声のお悩み相談室・ご相談窓口はこちらです。

マミィズボイススタイル

OFFICE info事務局

マミィズ
ボイススタイル (MVS)

〒165-0035
東京都中野区白鷺1-6-6
TEL.03-6379-4743
⇒ MVS概要
⇒ MVS主宰・浜田真実