本文へスキップ

あなたを輝かせるステキな声の育て方

ボイストレーニングのMVSご質問・お問合せは

office@koetokokyu.com

声色ききみみずきんkowairo kikimimizukin

ギャップを魅力に。9等身の昭和な若者の声。 -東出昌大さんの声-

さて本日のききみみは、若手俳優さん。

NHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」で、主人公の夫を演じている
長身の彼。

東出昌大さんです。

◆◆◆

パリコレにも出演した、モデル出身の東出さん。
身長189㎝の26歳です。

背の高い人は、身体全体のつくりも大きいので、声帯も長くなります。

すると声は、太く低くなるんです。

ところが、東出さんの声はとても繊細。
鼻にかかった、かなり個性的な声です。

体格と声に、ギャップを感じるんですよね。

そこでプロフィールの全身写真を観てみると、なるほど・・・

さすがモデル。
首から上が、とっても小さいんです。

鼻も高いので、鼻腔(鼻の奥の空洞)も広いのかも。

そして、ちょっと鼻炎気味かなぁ・・・

アゴの小ささや、舌の厚みも作用して、何だか、上半身にキュッと
濃縮されたような声です。

◆◆◆

初めて東出さんの声を聴いた時、俳優さんの声じゃないなと感じました。

まだ、演技の経験が少ないこともあったのでしょう。

時折、呼吸がとても浅くなりますし、胸に力が入り、声が上ずって
震えます。

滑舌も甘い。

ところがその不安定さが、演じている役に、妙なリアル感を与えている
のです。

居場所を探しながら社会を漂う、若者の寂しさや不器用さが表現されて
います。

真面目で誠実だけど、少しピントがずれている、可笑し味のある雰囲気も
出せます。

達者な若手の俳優が多い中で、良い意味での素人っぽさも際立っています
しね。

そんなアンバランスさが、東出さんの魅力になっていることは、間違いない
と思います。

◆◆◆

そして、もうひとつ。
小津安二郎監督作品などの、古い日本映画で聴くことの出来る声。

平たく、パラパラっとしゃべる感じ。

東出さんの声は、そんな「昭和な日本の声」を連想させます。

インタビューでも、高校生の役でも、なぜか東出さんのところだけ、
セピアカラーの昭和。

若者なのに、懐かしい人。

9等身のモデル体型なのに、昭和なお兄さん。


東出さんの声の質が、他の誰のものでもない独特の個性をつくり出すのに
役立っています。

こういうギャップって、一旦認知されると強いですよね。

~☆

きっと、繊細で真面目な人なんでしょうね。

だから他人とは、少し距離を置いて付き合いたいと感じている、かな。
そのかわり、一旦心を開いたら、絶対的な信頼を寄せる人なのでしょうね。

私の勝手な推察ですが。

ところで、「良い意味での素人っぽさ」というのは、別の言い方をすると
新鮮味。

これがなくなると、だんだん芸能界色に染まって、魅力が乏しくなります。
どんな仕事でもそうですが、仕事の質が、慣れた「作業」になってしまうと、
まずいですよね。

いかに、この新鮮味を維持するかが課題です。

これからの、東出さんのご活躍を祈りながら、
10年後の声の変化を楽しみにしていたいと思います。

あなたも、ききみみを立てて、東出昌大さんの声をよ~く聴いてみてくださいね。

(2014年1月16日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法より)
マミィズボイススタイル

OFFICE info事務局

マミィズ
ボイススタイル (MVS)

〒165-0035
東京都中野区白鷺1-6-6
TEL.03-6379-4743
⇒ MVS概要
⇒ MVS主宰・浜田真実