本文へスキップ

あなたを輝かせるステキな声の育て方

ボイストレーニングのMVSご質問・お問合せは

office@koetokokyu.com

声色ききみみずきんkowairo kikimimizukin

包容力のある艶やかな観察者の声 -宮本信子さんの声-

2014年最初の、声色ききみみずきんです。
本年も、濱田真実流の声の解析を、よろしくお願い致します!!

さて、今回は・・・

音の粒が見えるような、 静かにキッパリとした声

と、リクエストをいただきました。
女優の宮本信子さんです。

あをによしこさん、ありがとうございました。

◆◆◆

声を聴き取る時に「面白いな~!」と感じるのは、若い人の声よりも、
断然年齢を重ねた人の声。

人生で経験するさまざまな出来事が、豊かな陰影となって声ににじみ
出るから。

滋味に富む声

とでも言うのでしょうか。
深みのある美しさを感じます。

昨年の朝ドラ「あまちゃん」で、夏ばっぱを演じた宮本信子さんも、
そんな豊かな声を持つ女優さんです。

現在68歳。

素の声は、中音域のやや高めの音域で、肌触りのやわらかな、
温かい声です。

驚いたのは、声の中に、少女・母親・色気と凄みのある女・
おばあちゃんが同時に存在していること。

会話の途中でくるくると、入れ代わり立ち代わり登場してきます。

それが、多重奏のような華やかさや、奥行のある深さを感じさせ、
まさに滋味あふれる魅力となっています。

さすが、一流の女優さんですねぇ。

◆◆◆

宮本さんの声を聴いていて、浮かんだワードは、「観察者」。

声が、前へ前へと出て自己主張をせず、一歩下がって、全体の
バランスを観ている雰囲気があるのです。

もしかして、これは、亡くなられたご主人、伊丹十三監督の
影響なのかもしれませんね。

博学な映画監督の妻であり、主演女優でもある。

そんな、厳しい立場の中で育まれた声でもあるのかなと感じます。

そういえば、夏ばっぱの声。
潮風に洗われて生きて来た人の持つ、味のあるしわがれ声でしたね。

同じ番組内でのナレーションの声は、高い場所から見守っている人の
ような穏やかな包み込むような声。

役の声、ナレーションの声、ご自身の素の声、全て違う色合いです。

観察し、本質をつかみ、表現する。
表現の匠(たくみ)、ですね。

~☆

ご主人が亡くなられてから、ジャズボーカルを始められたそうです。

声を出し歌う楽しさが、深い悲しみから救ってくれたと、お話されて
いました。

表現者は、表現することでしか救われないんだと気付かされます。

たくさんの痛みや悲しみを内に秘めて、年齢を重ねても、なお明るく
艶やかに輝く声。

人に寄り添い、構えさせず、安心させることの出来る声。

お手本にしたい声です。

あなたも、ききみみを立てて、宮本信子さんの声をよ~く聴いてみてくださいね。

(2014年1月9日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法より)
マミィズボイススタイル

OFFICE info事務局

マミィズ
ボイススタイル (MVS)

〒165-0035
東京都中野区白鷺1-6-6
TEL.03-6379-4743
⇒ MVS概要
⇒ MVS主宰・浜田真実