本文へスキップ

声と呼吸と心と身体*説得力のある声をつくる

ボイストレーニングのMVSご質問・お問合せは

office@koetokokyu.com

声色ききみみずきんkowairo kikimimizukin

静かな観察者、華やかなスター、奔放なクリエイターが
共存している多面体の人。
 ~椎名林檎さんの声~


2020年の東京オリンピックとパラリンピックの開閉会式の
総合プランニングチームにも選出されたアーティスト。

この短いPV。
トータス松本さんとのデュエットの、
目抜き通り」。しびれます。

◆◆◆

椎名さんの声には、強い二面性を感じます。
相反する要素が共存している感じ。

滑らかでしなやか、でも硬くて鋭い。
細いようでいて、押し出しは強い。
繊細だけれど、とても大胆。
突き放したようでいて、包容力もある。
強烈な自意識と、脆さ、切なさ。


それらを感じさせる二面性、いえ多面性が、
椎名さんの一筋縄ではいかない声の魅力なのだ
と感じます。

受け取る人によって、「椎名林檎」像が違うのかもしれませんね。

インタビューなどの話し声を聴いてみると、「静かな観察者
のような側面も感じます。

歌声とは、かなりのギャップです。

集団に属さず、ちょっと離れた場所から、人々の動きをじっと観察している人の
ような雰囲気もあるのです。

ですから、
強烈な個性があるようでいて、「私が」「私が」の主張も強さは感じられません。

周囲の人のニーズも汲み取り、ちゃんと合わせることが出来る人のような気がします。

とても聡明な人だと感じました。

◆◆◆

とてつもなく、プロデュース能力の高い人なのでしょう。

「椎名林檎」

という素材を、どのように表現したら、より多くの人を楽しませることが出来るか。

10代の頃から、周囲のニーズを汲み取りセルフプロデュースをし続けて来られたのか
もしれませんね。

熱情も狂気も幸福感も、受け取る人がいることが前提で、ちゃんと計算して届ける
ことが出来ている人。

超個性的で華やかなスターと、
冷静で客観的な目を持つプロデューサー、
奔放で自由自在なクリエイター



が、一人の中に共存している感じです。

格好良いなぁ。

だけど、これだけの仕事をしていると消耗も激しいでしょうね。

「椎名林檎」を、ちゃんと箱にしまって、素の自分に、別人の自分に戻られる時間が
欠かせないのかもしれません。

長い年月をかけて、「椎名林檎」を魅力的に育てて来た椎名さんだからこそ、
東京や日本をステキに魅せることが出来るのだろうなと期待しています。

東京オリンピックの開会式が、本当に楽しみです。

あなたも、椎名林檎さんの声にききみみを立ててみてくださいネ!

(2018年2月12日配信・呼吸の奇跡☆声の魔法より)


マミィズボイススタイル

OFFICE info事務局

マミィズ
ボイススタイル (MVS)

〒165-0035
東京都中野区白鷺1-6-6
TEL.03-6379-4743
⇒ MVS概要
⇒ MVS主宰・浜田真実