本文へスキップ

あなたを輝かせるステキな声の育て方

ボイストレーニングのMVSご質問・お問合せは

office@koetokokyu.com

声色ききみみずきんkowairo kikimimizukin

天然キャラ? いやいや、実は、かなり硬派でしなやかな声。
-綾瀬はるかさんの声-


さて本日は、恋人にしたい・お嫁さんにしたい有名人女性ナンバー1
のあの人。

愛されキャラクターの声に、じっくりとききみみを立ててみたいと
思います。

◆◆◆

綾瀬はるかさん(29歳)。

デビューは、2000年。
15歳の時なんですね。

ほんわかとした空気感と、天性の明るさ、飾り気のなさで、
現在大人気です。

昨年は、大河ドラマの主役や、紅白歌合戦の司会までつとめましたね!

さて10代から20代前半の綾瀬さんの声は、少しこもり気味の
中低音の声。

なんともいえない、「普通のお嬢さん」という印象の声です。

容姿の可愛さと合わせて、すぐ隣にいる女の子という感じがします。
そんな嫌みのない感じが、良かったのかもしれませんね。

ところが、ここ数年、かなり大きな変化を遂げています。

声のテンションが、上がっています。

同時に、声の輪郭がとてもはっきりとしてきているんです


大きな仕事を任されるようになった、影響でしょうか。
前へ押し出す力が、とても強くなってきています。

声の印象も、しまって来ていますしね。

きっと、責任感が強い人なのでしょう。

◆◆◆

共演の俳優やスタッフの人たちから、「天然」と評され、愛されている
綾瀬さん。

その一方で、とても熱心に仕事に取組む方なので、信頼も厚いようです。

そう。
綾瀬さんは、ただの天然キャラじゃないと思うんですよね。

奥歯のあたりに緊張が感じられ、多少の息漏れもあります。
相当なプレッシャーと、闘っているはずです。


努力もしているし、誠実に仕事に向き合っている人
なんだと思います。

ところで、ご出身は広島県ですね。

私も同じ出身地なのでわかるのですが、西の人は「ナ行」が弱いんです
よね。

「○○に行く」。

などのセリフの時に、「に」が発音できず「○○ん行く」となることが
多いんです。

そこで「に」を意識して発音しようとすると、少し発語が強くなります。

ちゃんとしゃべろうとすればするほど、高めで硬い音になるんです。

綾瀬さんがしゃべる時、「ナ行」が、ややつぶれたような硬い音になる
のも、彼女の努力の成果なのかもしれません。

それと、ほんの少しお国訛り(なまり)が残っているんですよね。

それが、彼女の「すき間」。
この「すき間」が、愛される秘密かな。

「すき間」は、素朴な可愛さにつながります。
人としての「可愛げ」にもつながります。


周囲の人が、ふと肩の力を抜いて「素」に戻り、思わず応援したくなる
感じ。

愛され要素って、男女問わず、なにかをプラスすることではないん
でしょうね。

率直で素直、隙だらけだけど、目の前にことに誠実に向き合う。

そんな適度な抜けと、一生懸命さのある人が周囲から取り立て
られて行く
のだと思います。

だって、そういう人って、可愛いもの。

この数年の声の変化は、大人の女優としての綾瀬はるかの声が
育ってきた、ということなのかもしれませんね。

これからのご活躍が楽しみです。

あなたも、綾瀬はるかさんの声に、ききみみを立ててみて下さいね。

(2014年11月29日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法より)
マミィズボイススタイル

OFFICE info事務局

マミィズ
ボイススタイル (MVS)

〒165-0035
東京都中野区白鷺1-6-6
TEL.03-6379-4743
⇒ MVS概要
⇒ MVS主宰・浜田真実