本文へスキップ

あなたを輝かせるステキな声の育て方

ボイストレーニングのMVSご質問・お問合せは

office@koetokokyu.com

声色ききみみずきんkowairo kikimimizukin

解体され、新しい生き物として再生された、摩訶不思議な声を持つ、
人懐こいサイボーグTatsuya。 
-藤原竜也さんの声-


今週は、9年前に出版された私の著書、「声美人で愛される人になる」
(ソニーマガジンズ刊)でも取り上げた、若手実力俳優の声に再び、
ききみみを立ててみました!

◆◆◆

藤原竜也さん。

若手だと思っていたら、すでに32歳なんですね~!

蜷川幸雄さん演出の舞台、「身毒丸」で鮮烈なデビューを果たしたのが、
15歳の時だそうです。

以来、舞台・映画・ドラマなどに大活躍の藤原さん。

178cmの長身から発せられる声は、かなり個性的。

そこで今回あらためて、じっくりと声を聴いてみたのですが・・・

驚いたことに、15歳の声と17年後の32歳の声が、
あまり変わっていないんですよね。


藤原さんは、お酒も強いし、タバコの本数も多いようです。

当然、声にも影響は出ているのですが、ベースの部分は変わって
いません。

同じ年代の、「嵐」のメンバーたちは、デビューから15年を経て、
少年声から大人声に驚くほど変わっているのに、藤原さんの声は
変わらないんです。

年齢的なことだけでなく、映画や舞台やナレーションなど、
仕事の質が違っても、やはり藤原さんの声は、変わりません。

淡々と、藤原竜也であり続けています。

強烈な芯がある声です。

その反面、何者でもない声でもあるような気がします。

サイボーグ・・・?

なんだか、とっても不思議な声です。

◆◆◆

学芸会にすら出たことのなかった14歳のサッカー少年が、
街を歩いていた時にスカウトされ、蜷川幸雄に出会ったわけです。

その稽古は、まず「人格否定」から始まりました。

家族と離れて、いきなり一人暮らしになっただけでなく、罵倒され
物を投げつけられ、稽古場で、泣くことしかできない毎日。

「身毒丸」は、寺山修司の作品です。
相手役は、白石加代子。
初舞台の自分が、主演です。

母に恋をし、目を潰されて、地獄に落ちる少年の話。

想像を絶する体験です。
考えただけでも、恐ろしいです。

でも・・・

ふと気づくと、ロンドンの劇場に立ち、万雷の拍手を浴びている
自分がいたのだそうです。

通過儀礼

そんな言葉が浮かびました。

人生の節目のイニシエーション。

身体的苦痛を伴うことが多いのですが、それを乗り越えることで、
一人前の大人の男として、周囲に受け入れられるための儀式でも
あります。

藤原さんは、現代社会では薄れてきた通過儀礼を、心身共に経験した
のではないでしょうか。

しかも、強烈な形で。

作品と蜷川幸雄が、少年藤原竜也を解体し演劇という核を埋め込み、
生まれ変わらせた。


つまりデビュー後の藤原さんは、細胞の隅々まで役者という、
新種の生き物になったわけです。

運命を受け入れ、自分を捨て去り、生まれかわることが出来たこと。

それが、藤原さんのしなやかさであり、天才と称される由縁でもあると
思うのです。

声の質は、かなりエキセントリック。

なのに、ザラッっとした硬質な肌触りが妙に心地良く、聴いているうちに、
癖になる声です。

するするっと人の懐に飛び込み、天真爛漫な雰囲気で人の心をつかみ、
しなやかでいて、その実、とてつもなく冷めている。

そんな、不思議な声。

藤原さんの役が、どんどん幅広くなっているのは、その声の不思議さも
一役買っているのだと思います。

あなたもききみみを立てて、藤原竜也さんの声を聴いてみてくださいね!

(2014年7月9日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法より)
マミィズボイススタイル

OFFICE info事務局

マミィズ
ボイススタイル (MVS)

〒165-0035
東京都中野区白鷺1-6-6
TEL.03-6379-4743
⇒ MVS概要
⇒ MVS主宰・浜田真実