本文へスキップ

あなたを輝かせるステキな声の育て方

ボイストレーニングのMVSご質問・お問合せは

office@koetokokyu.com

声色ききみみずきんkowairo kikimimizukin

相手を構えさせない、愛ある理想の上司&ジャズコミュニケーションの声
-タモリさんの声-


先日、32年の歴史に幕をおろした「笑っていいとも!」。

移り変わりの早いテレビの世界で、32年間も番組が続くというのは、
驚異的ですよね。

でもタモリさん、「いいとも」だけじゃない。
深夜番組「タモリ倶楽部」は、32年(継続中)。

歌番組「ミュージックステーション」の司会は、27年(継続中)。

ドラマ「世にも奇妙な物語」の出演は、24年。

タモリさんの仕事は、どうしてこんなに続くんだろう・・・?

タモリさんの声を聴きながら、長く愛される理由を考えてみました。

◆◆◆

タモリさんの声の最も大きな特徴は、「構えがない」ということ。

人は時折、相手の立場で発声が変わったりします。

自分より、立場が上か下か。
年齢が上か下か。
有名か無名か等々・・・

嫌われたくない。
認めてもらいたい。
うわ~!緊張する!!

そんな意識が、身体にも出るんですね。
すると、声が硬くなり音質が変わります。

ところが、タモリさんにはそれがない。
まったくないんです。

首相でも、ハリウッドの有名俳優でも、一般人でも、若手芸人でも発声は同じ。
たぶん、子どもや高齢者に対しても、同じトーンで話されると思います。

懐を広くして、相手をひとりの人間として受け入れていながら、
いつも同じ「私」でいる。

これ、実は、すごいことだと思うんです。

さて、「構えがない」声で話されると、受け取る相手は、どうなると思いますか?

余計な「構え」が、取れます

不思議なくらい自然体でいられますし、安心して心を開くことができます。

ご自分の番組では、ゲスト・レギュラー陣・お客さん、全て同じ目線で同じ
トーン。

たぶん誰もが、タモリさんの前では、素直なひとりの人間に戻れるのでは
ないでしょうか。

この懐の深さ穏やかさは、相当なご苦労を経て開花した、タモリさんの
才能のひとつです。

さらに、タモリさんのコミュニケーションのベースは、ジャズの要素を
感じます。

それもフリージャズ。

予定調和を嫌い、ふっと外して意外性や緊張感を出し、面白く融合させて
遊ぶ。

まさに、ジャズの下地があるからこその、コミュニケーション術ですね。

このコミュニケーション術があれば、関係の中に、いつも新鮮な躍動感が
あります。

私は、たぶん、30年以上も番組が長く続いたのは、この構えのなさと
新鮮さがあったからだと思うのです。

同じことを続けているようでいて、タモリさん自身が、まったく
飽きずに新鮮な気持ちで、身構えず楽しんでいたということですよね。


相当な努力も必要だと思いますが。

ところでタモリさんは、まだタクシーを使って移動していた頃、タクシーの
運転手さんを相手に、「なりすまし芸」を磨いたのだそうですよ。

新聞を読んで情報を収集し、医者や大学教授・弁護士・ビジネスマンなどに
なりすまし、運転手さんと話すのだそうです。

「いいとも」も始まっていた頃なので、顔も有名だったのですが、サングラス
を外して素顔で話した結果、一度もばれなかったそうです。

声が、安心させるんですね。

そして、すっと人の心に入って行けるので、相手も、つい信じてしまう。

悪い方向に使うと、人をだますことができる声でもあるというわけです。

◆◆◆

私はタモリさんの中に、幼い頃のタモリさんの影を感じます。

才能が有るが故に、同世代の友人にあまり理解されず、孤独でシャイな
少年時代を過ごした影が、色濃く残っているような気がするんです。

怪我で失った右眼の光も、タモリさんの人格形成には、大きな影響を与えて
いるはずです。

でもそれが、人間の本質を見抜く感覚や、ある種の諦念、したたかな観察眼、
シニカルな笑いの土台
になったのではないかと推察します。

そして、構えのない声は、寄る辺のない寂しさも含んでいるんです。

でも、根本には言いようのない愛嬌もあるんですね。

それが、タモリさんの独特の存在感を形成しています。

タモリさんの影は、同じように才能があって、孤独でシャイな少年時代を
過ごしたアーティストたちと、強烈に共鳴したように思います。

タモリさんを見出したのは、多くのミュージシャンやアーティストですから。

中でも、漫画家の赤塚不二夫さんは、物心両面でタモリさんを支え、世に送り出した
人でもあります。

赤塚さんとタモリさんには、強烈に響き合う何かがあったのでしょうね。

タモリさんの類まれな才能を見出し、育て、深く深く愛して世に送り出した。
他者ではわからないくらい、濃く強い結びつきだったのだと感じます。

私が思うに、「いいとも!」でタモリさんが続けて来られたことは、
赤塚さんからのご恩送り。

若手を愛情いっぱいに育てる場と、チャンスを創り援助し続けたのですものね。

いただいた恩義を、感謝を込めて、次世代に贈ったのだと思うのです。

タモリさんと話した人は、さりげない優しさが感じられて、タモリさんのことが、
大好きになるのだそうですよ。

「構えのない声」「愛される声」は「相手を構えさせず」「相手を愛し育てる」
ための声
でもあるわけです。

だからこそ、長く長く続く番組の中心にいられるんですね。

タモリさんの在り方、そして声は、管理職の方や、プロジェクトリーダ、そして私たち
大人世代が真摯に学ぶべき声だと思いました。

あなたもききみみをたてて、
タモリさんの声を、よ~く聴いてみてくださいね。

(2014年4月4日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法より)
マミィズボイススタイル

OFFICE info事務局

マミィズ
ボイススタイル (MVS)

〒165-0035
東京都中野区白鷺1-6-6
TEL.03-6379-4743
⇒ MVS概要
⇒ MVS主宰・浜田真実