本文へスキップ

あなたを輝かせるステキな声の育て方

ボイストレーニングのMVSご質問・お問合せは

office@koetokokyu.com

声色ききみみずきんkowairo kikimimizukin

悪女のハスキーボイスは、変幻自在の筋肉が支え。
-清水ミチコさんの声-


本日のききみみは、
清水ミチコさん(54歳)。

デビューは23歳の時ですから、芸歴31年のベテランです。

大竹しのぶさんのラジオ番組に、ゲスト出演された回を聴きました。

もう、どっちがどっちなんだか。
ふたりとも、悪い女ですねェ。

清水さんの深い愛情と底知れぬ悪意を感じて、とっても面白いです♪

さて、清水さん。

口が横に広く、頬骨周辺の表情筋が、キュッと上がっています。
普段から、かなり表情筋を使っていることがわかります。

でもそれだけだと、甲高く平たい声になりがち。

清水さんの場合、舌の付け根や声帯周辺の筋肉が柔軟なのだと思います。

モノマネをする時、かなり自在に口の中の形やノドの奥の筋肉を動かしています

それだけでなく、表情筋も、身体全体も相当大きく使っていますね

真似する相手の、口の動かし方や表情だけでなく、呼吸の深さ響かせ方まで
キャッチ
して、表現しています。

そして、ただモノマネをしているだけじゃないんですよね。

清水さんの芸の底辺にあるのは、批評精神。

興味を持った対象を、冷徹に観察し解体し、皮肉というエッセンスを散りばめて、
デフォルメして表現する。

清水さんのモノマネや顔真似が、すでに「毒舌芸」になっているんですね。

「その人を好きになると、マネが出来るようになる」
とのことですが、毒のある表現が、清水さんの真骨頂。

生半可な感性では、出来ないことです。

◆◆◆

若い頃の声は、中音域で、スキがなくかなり強い印象です。
声の中に、防御と攻撃が同時に存在しているような感じ

闘っていらしたのかもしれませんね。

年齢を重ねて、低音域がひろがり、多少ハスキーになったこともあり、
良い意味で声にスキマができました。

力が抜けてゆるんだ部分と、グニュッとねじれた部分のバランスが、
タレントとしての個性に、さらに花を添えているようです。

それにしても、50代を超えて、ライブツアーも続け、作年末には武道館ライブ!

高い音楽性で繰り広げる、ピアノの弾き語り芸もスゴイ!
モノマネの域を、はるかに超えています。

ナレーションやラジオの仕事も多く、最近のキャッチフレーズは
国民の叔母」。

もう、突き抜けているな~。

プライベートでは、ご主人と20代の娘さんもいるお母さん。

心身共に、相当な努力を重ねないと、高い音楽性や自在な声、技術やセンスは
ここまで維持できなかったはずです。

50代女子。
勇気を持ちましょう。

ざくざくと切り捨てて、好きなことをして「悪い女だなぁ~!」と言われて
「ふふん」と鼻で笑いましょう。

そして裏で、大汗流して努力をしましょう!

あなたもききみみをたてて、清水ミチコさんの声を、
よ~く聴いてみてくださいね。

(2014年3月30日発行メルマガ・呼吸の奇跡☆声の魔法より)
マミィズボイススタイル

OFFICE info事務局

マミィズ
ボイススタイル (MVS)

〒165-0035
東京都中野区白鷺1-6-6
TEL.03-6379-4743
⇒ MVS概要
⇒ MVS主宰・浜田真実