本文へスキップ

あなたを輝かせるステキな声の育て方

ボイストレーニングのMVSご質問・お問合せは

office@koetokokyu.com

声のコラムcolumn

声のコラム5 * 自分の声、聴いていますか?

「自分の声を聴きながら、話して」
と私が言うと、多く生徒さんは急に混乱したような表情になる。
自分の声=不快な音』だから。

不快な音は、脳が判断して聴き取ることをやめてしまう。そのために、嫌な音を身体に入れまいと筋肉を硬直さえ、呼吸も浅くさせてしまう。
無意識に、自分の声を身体全体で拒否しているのだ。
それは、自分自身を否定していることと同じこと。

この状態では、いくらボイストレーニングを受けてテクニックを磨いても、声の変化は望めない。

何をして生きたいのかわからない
好きなことが何なのかわからない

あなたがもし、そんな状態に陥っているなら、要注意。
自分とのコミュニケーションが、上手く行っていないのだ。
自分の声に抵抗するのはやめて、静かな気持ちで聴いてみよう。
批判や分析をせずに、ただありのままに、自分の声を聴き取ってみるのだ。
リラックスして、意識的に聴き取ることができるようになると、それだけで声は変わる。

自分の声が嫌いだと感じるのは、過去にとらわれているか、間違った思い込みに振りまわされている証拠だ。
いつも、右耳を優先させて聴きながら話す。
何度も繰り返しているうちに、声を出すこと、意識的に聴き取ることに、あなた自身が慣れてくるはずだ。
自分の声=愛しい音
に変われば、今よりももっと、幸せを感じることができるはずだ。

(2009年1月30日・浜田真実)

■声のコラム・メニュー
コラムTOP  ◆1.取り戻せた背中  ◆2.右耳を使おう!
3.トマティスメソッドについて  ◆4.脳のエネルギーは何? 
5.自分の声、聴いていますか?  ◆6.ピュアボイスってどんな声? 
7.マミィズボイス    ◆8.歌うこと・声を出すこと
9.季節のボイストレーニング  ◆10.春のボイストレーニング 
11.夏のボイストレーニング   ◆12.秋のボイストレーニング 
13.冬のボイストレーニング   ◆14.ピュアボイストレーニングとは 
15.あなたの本質を表すピュアボイス ◆16.ピュアボイスを支える5つの柱 
17.ケアボイスワーク


マミィズボイススタイル

OFFICE info事務局

マミィズ
ボイススタイル (MVS)

〒165-0035
東京都中野区白鷺1-6-6
TEL.03-6379-4743
⇒ MVS概要
⇒ MVS主宰・浜田真実