本文へスキップ

あなたを輝かせるステキな声の育て方

ボイストレーニングのMVSご質問・お問合せは

office@koetokokyu.com

声のコラムcolumn

声のコラム3 * トマティスメソッドについて

フランスの耳鼻咽喉科医、アルフレッド・トマティス博士(1920~2001)は、聴覚心理音声学という分野を確立し、聴覚と発声の相関関係を明らかにした。
この理論は「トマティス効果」として、フランス科学アカデミーおよびパリの医学アカデミーに登録され、聴覚やコミュニケーション障害のリハビリ技術の基礎ともなっている。

人間の声には、耳で聞いたものしか含まれない

私は、トマティスメソッドからそのことを教えられた時、コミュニケーション不全で苦しむ一番の要因は、自分の声を受け入れていないことが原因なのではと感じた。

生徒さんの多くは、「自分の声が嫌い」だと言う。
それは、「自分の声=不快な音」だということだ。

不快な音を聴きたくないと感じたとき、脳はその音を拒否する。
つまり自ら聴かないようにしてしまうのだ。
それが、トマティスメソッドで言う「耳がカーテンをしている」状態だ。

自分自身の声を受け入れる、つまり耳にかかったカーテンが開けば、
「自分の声=心地良い音」への劇的な変化がおこる。

人とのコミュニケーションを良くしたければ、まず自分自身との
コミュニケーションを100%にすること


トマティスの発声トレーニングで、トマティス博士がおっしゃったそうだ。

深くて、温かいメソッドに出会えたことに、心から感謝をしている。

(2009年1月20日・浜田真実)

トマティス聴覚・心理・発声ケア協会
トマティスリスニングセンター東京

■声のコラム・メニュー
コラムTOP  ◆1.取り戻せた背中  ◆2.右耳を使おう!
3.トマティスメソッドについて  ◆4.脳のエネルギーは何? 
5.自分の声、聴いていますか?  ◆6.ピュアボイスってどんな声? 
7.マミィズボイス    ◆8.歌うこと・声を出すこと
9.季節のボイストレーニング  ◆10.春のボイストレーニング 
11.夏のボイストレーニング   ◆12.秋のボイストレーニング 
13.冬のボイストレーニング   ◆14.ピュアボイストレーニングとは 
15.あなたの本質を表すピュアボイス ◆16.ピュアボイスを支える5つの柱 
17.ケアボイスワーク


マミィズボイススタイル

OFFICE info事務局

マミィズ
ボイススタイル (MVS)

〒165-0035
東京都中野区白鷺1-6-6
TEL.03-6379-4743
⇒ MVS概要
⇒ MVS主宰・浜田真実