本文へスキップ

あなたを輝かせるステキな声の育て方

ボイストレーニングのMVSご質問・お問合せは

office@koetokokyu.com

声のコラムcolumn

声のコラム16 * ピュアボイスを支える5つの柱

ピュアボイスを支えるための条件は、

1.良い姿勢
2.深い呼吸
3.リラックス
4.右耳を優先して聴く
5.骨の共鳴を意識する


この5つです。
では、ひとつずつ簡単にご説明しますね。

まず最初は、「良い姿勢」です。
ピュアボイスにとって、理想的な姿勢。
それは、無理のないそのままの姿。神様が創られた体の構造に逆らわない姿勢です。
この姿勢を取ることで、呼吸が深まり、音の聴こえの質が変わり、発声が楽に効果的に変わります。

続いて「深い呼吸」です。
声のエネルギーは、息。
息に乗せて、遠くまで声を飛ばします。
つまり息が浅い、吐く息がコントロールできないなどということがあると、相手に届きにくい、意図を伝えにくい声になってしまいます。
頭(思考)と身体(感受性)をつなぐのも、息。
息のコントロール力が必要です。

3番目は、「リラックス」です。
緊張したからだからは、硬く緊張した声しか出せません。ピュアボイスは、心と身体が緩やかにほぐれ、リラックスした中での心地よい緊張感から生まれます。心と身体の声を聴き取り、本当のリラックスをあなた自身にプレゼントしましょう。

4番目は「右耳を優先させて聴く」です。
良いアウトプット(発声)のためには、豊かなインプット(聴き取る)が欠かせません。
あなた自身の声、そして相手の人の声をまるごと聴き取ることで、あなたの中と、あなたと相手との間に循環が生まれます。
あなたの聴き方が、ピュアボイスのクオリティを高めます。

最後に、「骨の共鳴を意識する」です。
ピュアボイスは、トマティスメソッドで言われている「bone to bone(骨から骨)」のコミュニケーションを大切にしています。
骨の振動が豊かになれば、ボディ全体が聴き取る相手の骨と共鳴しあいます。骨の共鳴し合うコミュニケーションは、穏やかで心地良いものです。

以上が、ピュアボイスの五つの柱です。
レッスンでは、この柱を数回に渡って、細かくご説明しながら体感して身に付けて行きます。
身体になじむまでは少し時間がかかるかもしれませんが、一度おぼえてしまえば、無意識でいても、この柱が、あなたのピュアボイスを支えてくれます。
お楽しみに!

(浜田真実)

■声のコラム・メニュー
コラムTOP  ◆1.取り戻せた背中  ◆2.右耳を使おう!
3.トマティスメソッドについて  ◆4.脳のエネルギーは何? 
5.自分の声、聴いていますか?  ◆6.ピュアボイスってどんな声? 
7.マミィズボイス    ◆8.歌うこと・声を出すこと
9.季節のボイストレーニング  ◆10.春のボイストレーニング 
11.夏のボイストレーニング   ◆12.秋のボイストレーニング 
13.冬のボイストレーニング   ◆14.ピュアボイストレーニングとは 
15.あなたの本質を表すピュアボイス ◆16.ピュアボイスを支える5つの柱 
17.ケアボイスワーク


マミィズボイススタイル

OFFICE info事務局

マミィズ
ボイススタイル (MVS)

〒165-0035
東京都中野区白鷺1-6-6
TEL.03-6379-4743
⇒ MVS概要
⇒ MVS主宰・浜田真実