本文へスキップ

あなたを輝かせるステキな声の育て方

ボイストレーニングのMVSご質問・お問合せは

office@koetokokyu.com

声のコラムcolumn

声のコラム11 * 夏のボイストレーニング

夏のボイストレーニング

夏には夏の、声・呼吸・心・身体の整え方があります。うちわ
夏のボイストレーニングについてご紹介いたします。

【夏の身体・初夏5月ごろ】
だるさがとれて、汗をかきやすい夏モードの身体に変わります。
胸が、かたくなりやすい時期です。身体をゆるませて、充分に汗をかけるように、身体を整えておきましょう。冷えに注意をして下さい。

【夏の身体・仲夏6月ごろ】
梅雨時は泌尿器系に影響が出やすくなります。
冷房や天気などの影響で冷えると、汗が出にくくなり、身体に熱がこもります。
熱がこもると、夏ばてしやすくなるので、要注意です。

【夏の身体・晩夏7月ごろ】
緊張が胸に集中しやすい時期です。そのため、胸に熱がこもります。さらに、冷房で冷えると胸が堅くなって、呼吸が浅くなります。不眠症状などもこれらの症状が関連しています。
足首をお湯で温めたり、温かいものを食べるようにして下さい。


【夏の心】
室内と外の温度差が、自律神経の乱れをうながし、不眠や喘息などの症状がでやすくなる時期です。
冷えと熱の両方に対処する必要があるので、なかなか大変ですよね。
エネルギーが外に出やすいので、心と身体のバランスがとりにくくなりますが、ヒートアップしすぎないよう滋養のあるものを食べて、体温調整を上手にしながら、夏を乗り切りましょう。

【夏のボイストレーニング・ひとことアドバイス】
夏のボイストレーニングは、バランスを心がけましょう。
骨導音と気導音のバランスを意識して、自分の声をしっかりと聴きながら発声するようにしましょう。
内と外のバランスの良い声は、とてもクオリティの高い声で、説得力がまします。

夏のボイストレーニング 夏は色をまとう季節
若紫は、心身の浄化に役立ちます。
不眠などにも良いので
夏の夜に、取り入れましょう。
夏の色は、さわやかですね。

夏のテーマカラー 浅葱色(あさぎいろ)
創造性・表現力を明確にする。親切・開放的・幸福の象徴。自由・変化・チャレンジ・やるべきことの明確化。決断力・行動力を促す。頭痛や切り傷・やけどなどの炎症を抑える働き。
免疫システムにも作用。精神的な疲れや身体全体の免疫力を回復させる。
遊び心とクリエイティビティの活性化。
6月を象徴する色。

萌黄色(もえぎいろ)
神経を落ち着かせる効果がある。活力のある色。季節の変わり目や、体調を崩しやすい時期に取り入れるとより効果的。

向日葵色(ひまわりいろ)
季節の代わり目や梅雨などのジメジメした時期に、思考を整理し、理性を高めてくれる色。
腸の働きも整えるため、梅雨冷などで体調を崩しやすい人にもおススメ。

瑠璃色(るりいろ)
ストレスを和らげ安眠を促す。解毒・解熱作用がある。高血圧の緩和や日焼け・日射病などの身体の炎症を抑える。喉の痛み・せき・かすれ声などに有効。

若紫色(わかむらさきいろ)
心身の浄化作用とヒーリング効果がある。不眠などにも有効。より輝きのある自分のために、積極的に取り入れると良い色。

浅葱色・瑠璃色・向日葵色・萌黄色・若竹色・菖蒲色・夏虫色・・・


■声のコラム・メニュー
コラムTOP  ◆1.取り戻せた背中  ◆2.右耳を使おう!
3.トマティスメソッドについて  ◆4.脳のエネルギーは何? 
5.自分の声、聴いていますか?  ◆6.ピュアボイスってどんな声? 
7.マミィズボイス    ◆8.歌うこと・声を出すこと
9.季節のボイストレーニング  ◆10.春のボイストレーニング 
11.夏のボイストレーニング   ◆12.秋のボイストレーニング 
13.冬のボイストレーニング   ◆14.ピュアボイストレーニングとは 
15.あなたの本質を表すピュアボイス ◆16.ピュアボイスを支える5つの柱 
17.ケアボイスワーク


マミィズボイススタイル

OFFICE info事務局

マミィズ
ボイススタイル (MVS)

〒165-0035
東京都中野区白鷺1-6-6
TEL.03-6379-4743
⇒ MVS概要
⇒ MVS主宰・浜田真実